熊本県の平均年収は全国よりも高い?給料アップの方法とポイントとは

自分の立ち位置を把握するためにも、平均年収は1つの指標としてとても参考になる情報です。もし同世代の平均年収よりも自分の年収が高ければ、それは現在勤めている企業や役職が平均以上であると分かります。

一方で、自社の平均年収よりも自分の年収が低ければ、まだまだ実務での実力が不足しているということでしょう。このように他の人に直接年収を聞かずとも、平均年収と自分の年収を比較することで、今後の伸びしろや何をすればよいのかという手掛かりになります。

ここでは熊本県に着目して平均年収を紹介していきますので、現在熊本県に在住の方はぜひ参考にしてみてください。

熊本県の平均年収は384.7万円

ではさっそく熊本県の平均年収について見ていきましょう。熊本労働局が公表した「熊本県における賃金などの動き」によると、熊本県における平均年収は384.7万円でした。

(※統計によってもとにしたデータが異なるため、出典ごとに値は少しづつ異なります)

ちなみに統計ごとに平均「賃金(年収)」や「給与」などと様々な呼ばれ方をします。今回の出典元では「産業別の現金給付額」と記載されていました。言葉からは似たような意味を持つ印象がありますが、それぞれが少しづつ異なる意味を持ちます。

賃金は働いた従業員が受け取るすべての「現金」を指します。具体的には基本給だけでなく、残業手当や賞与、交通費なども賃金に分類されます。年収や収入なども一般的に従業員が受け取った賃金を指す場合が多く、こちらを参照すると良いでしょう、

一方、給与は企業や事業者など雇い主が従業員に支払う報酬を指します。賃金と同じく基本給や各種手当も給与に含まれます。さらに、給与では従業員に支払う現金だけでなく、現物も含まれるのが特徴です。例えば、従業員に貸し出す社宅や通勤定期券などは給与に含まれます。

それぞれで細かな違いがあり、統計ごとに言い方が異なるため、これらを把握しておくと誤解もなくなります。

※出典:熊本労働局労働基準部賃金室「熊本県における賃金等の動き

全国・九州地方と熊本県の平均年収の比較

先述した通り、熊本県での平均年収は384.7万円です。しかし、これだけでは熊本県の平均年収が高いのか低いのか分からないですよね。続いては全国の都道府県、ならびに九州地方の平均年収と比較していきましょう。

厚生労働省は令和3年における都道府県別の賃金(月収)を公表しています。それらのデータを元に年収ベースに計算すると以下のグラフになります。(※先ほどの出典元では、熊本県の平均年収は384.7万円と記載されていましたが、こちらの厚生労働省のデータでは熊本県の年収は314.8万円と記載されています、比較に当たっては同じ統計データを利用する方が効果的のため、厚生労働省のデータを利用しています。)

データによると熊本県の平均年収は九州地方の平均年収と同程度です。しかし、全国的に比較すると熊本県の平均年収は低いことが分かります。関東や関西など都市部に近くなるほど、給与額も高くなる傾向にあります。そのため、全国的に見ても地方に分類される熊本県の平均年収は、どうしても低くなってしまうようです。

ただし、こうした地方では都市部に比べて生活費も安く済む場合も多く、人によってはより多くの金額を手元に残せるかもしれません。額面の給与額が低くなるのは仕方がないため、どれだけ有意義にお金を利用できるかが重要になってくるでしょう。

※出典:厚生労働省資料「(10) 都道府県別にみた賃金

熊本県の平均年収を深堀り!男女・産業別の賃金

では続いて、より具体的に熊本県の平均年収について深掘りしていきましょう。ここでは以下の項目から熊本県での賃金について見ていきます。

  • 産業別の平均年収
  • 企業規模別の平均年収
  • 年齢別の平均年収
  • 年齢別の年間賞与や手当の平均

こうした細かい項目から年収を把握していくことで、自分の立ち位置や目指したい方向性も見えてきます。どういった業界、企業、年齢でどれぐらいの給与がもらえるのかを改めて把握していきましょう。

熊本県の産業別の平均年収

それではまず熊本県の産業別の平均年収から見ていきましょう。以下のグラフは熊本県における建設業、製造業、卸売業・小売業、金融業、医療・福祉、サービス業の6つの産業の男女別平均年収になります。

グラフによるとどの業界であっても女性よりも男性の方が平均年収は高い傾向にあります。

また、金融業は他の産業と比較しても平均年収が高く、男性に至っては唯一500万円以上を記録しています。一方でサービス業は他の産業と比較しても平均年収が低くなっています。

企業に勤めて給料をもらうならば、本人の仕事の能力だけでなく「どの業界で働くのか」という部分も非常に重要です。もし、「高い年収を実現したい」ということだけを考えるのであれば、平均年収が低い業界ではなく、給与水準が高い業界で勤めると良いでしょう。

熊本県の企業規模別の平均年収

続いて企業規模別の平均年収について見ていきましょう。グラフを見てみると、やはり企業規模が大きいほど、そこに勤める従業員の年収は高くなります。

当然ながら企業規模が大きくなるにつれて、企業の業績も大きくなる傾向にあるため、どうしても企業規模と従業員の賃金は比例します。ただし、だからといってすべての面で大企業が優れているわけではありません。

例えば、大企業になるほど仕事を部署ごとに振り分けるため、個人が担当する仕事の範囲は狭くなります。人によっては自分が思うような業務を行えないかもしれません。

中小企業であっても、新人時代から実務で様々な経験を積み、実力を培っていく人もいるでしょう。将来的なキャリアアップを考えるのであれば、こうした先輩たちからアドバイスをもらえる中小企業の方が、適している場合もあります。

確かに平均年収に関しては大企業の方が高い傾向にあります。しかし、大企業・中小企業ともにそれぞれの特徴と個人の適性があるため、年収以外の視点を持つことも重要です。

熊本県の年齢別の平均年収

年齢別の平均年収についても見ていきましょう。やはり日本では長年年功序列が強かったため、平均年収でもそういった傾向が見られます。

男性は年齢が上がるにつれて、右肩上がりで賃金も上がっていく傾向にあります。しかし、グラフを見てみると、その傾向も54歳までのようです。50~54歳を境に、以降は賃金が下がっていく動きが見られます。

これは50~54歳付近で役職定年を迎えるからと言われています。高齢の従業員であれば、部長や課長など何かしらの役職についている方も多いかもしれません。とはいえ、役職から外れてしまうと年収も下がってしまうため、それがグラフに表れているのでしょう。

一方、女性に関しても、年齢が上がるにつれて緩やかに平均年収は増加していく傾向にあります。しかし、30~34歳の時点で一度賃金が下がっています。これは、30歳前後で女性が「結婚」「妊娠・出産」で退職する人が増えるからだと推測されています。

何か特殊なスキルがある人ならばまだしも、退職期間を得て復帰した人は、どうしても復帰後の年収が低くなってしまうでしょう。男性女性に限らず、それぞれに年収の推移には特徴的な傾向が見られます。自分の年収がどうなっていくのかを考え、あらかじめ策を講じておくのが重要です。

熊本県の年齢別の年間賞与や手当の平均

では最後に年齢別の年間賞与や手当の平均についても見ていきましょう。賞与や手当に関しては平均年収同様、年齢が上がるにつれて大きく上がっていくのが特徴と言えるでしょう。

また、男性と女性とでもらえる金額に大きな差が生まれていくのも特徴的です。賞与に関しては企業によっても大きく異なり、その企業での勤続年数や評価によっても異なるため、個人差が大きく表れるかもしれません。

熊本県で年収アップするための3つの方法

ここまで熊本県のおける様々な分野での平均年収について紹介してきました。現在皆さんはどのような場所に該当したでしょうか。もうすでに平均年収の高い場所に属していた方もいらっしゃるかもしれません。その一方で、平均年収が低いグループに属していたという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、現在の平均年収が低いからと言って気を落とす必要はありません。ここでは熊本県で年収を上げる方法について解説していきます。自身の年収に不満を抱えている方はぜひ参考にしてください。

転職する

転職は年収を上げる方法として最も一般的な方法の一つです。

ただし、やみくもに転職活動を行っても、年収を上げられる可能性は低いでしょう。

転職で年収を上げるためのポイントは以下の2つです。

■転職で年収アップするためのポイント

  • 年収の水準がより高い業界へ行く
  • 実力や実績が給与に反映される企業へ行く

それぞれ具体的に見ていきましょう。

年収の水準がより高い業界へ行く

どんなに能力があっても、どんなに勤続年数が長くとも、業界全体の年収が低ければ、あなたの年収を高くするのは難しいでしょう。

先ほど挙げた例ならば、サービス業よりも金融業の方が平均年収が高いため、金融業界へ転職したほうが年収をアップできる可能性は高まります。こうした年収の格差は業界全体で得ている利益の差によって生まれます。当然ながらたくさん利益を稼いでいる業界ほど、働く従業員に支払う給料も高くなるのです。

転職で年収アップを狙うのならば、まずは年収が高い業界を狙ってみてはいかがでしょうか。

年収の水準がより高い業界へ行く

自分の能力に自信がある方ならば、実力や実績を評価してくれる企業に転職するのも良いでしょう。たとえ能力があったとしても、年功序列の傾向が強い企業に勤めていては高い年収を実現するのは困難です。

しかし、従業員が仕事を評価し、給料に反映してくれる企業であれば、実力のある人ほど高い給与を得ることができるでしょう。ただし、仕事の能力のない方がこうした企業に転職してしまうと、逆に年収が下がってしまう恐れもあります。

現在大企業に勤めているからと言って、それが自分の能力に直結するとは言えません。仕事がうまくいっているのは自分の実力ではなく、会社の名前が大きく影響していることもあるためです。ここを見誤ると転職後に年収が下がる事態に陥るため注意しましょう。

現職でキャリアップする

年収を上げる方法は転職だけではありません。むしろ人によってはキャリアアップでの年収アップを狙う方が向いている場合もあるでしょう。

現職でキャリアアップで年収アップするためのポイントは以下の3つです。

■現職でキャリアアップで年収アップするためのポイント

  • 上司に相談してみる
  • 資格を取得する
  • 他の部署へ移動してみる

それぞれ具体的に見ていきましょう。

上司に相談してみる

現職で係長や課長といった、キャリアアップを目指すのならば、職場の同僚よりも成果を出す必要があります。そして、その成果を上司に認められなければ、キャリアアップは実現できません。

自分の現在の立ち位置やどんな能力が足りないのか分からない場合は、まず上司に相談してみましょう。客観的な視点からアドバイスをもらうことで、目標地点とのギャップを把握出来るでしょう。

また、幹部として活躍する方の中には「最近は出世欲のない部下・新人ばかりだ…」と嘆いている方も少なくありません。そのため、会社内でキャリアアップしたいという姿勢を見せるだけでも、上司からの好印象につながる可能性があります。

いづれにせよ上司の仕事を邪魔しない範囲であれば、質問・相談をするデメリットは少ないため、積極的に聞いてみるのがおすすめです。

資格を取得する

実力を示す手段として資格を取得するのも良いでしょう。企業によっては特定の資格に対して資格手当を支給している場合もあり、昇進につながらなくとも、年収がアップする可能性があります。

一方で、昇進の条件に特定の資格を保有することを指定している企業も存在します。より専門性の高い資格を取得しておくと、現職でのキャリアアップの足掛かりになるだけでなく、転職の際にも有利に働くため損はありません。

他の部署へ移動してみる

キャリアアップを実現するには実務の能力は必要不可欠です。実務の能力と言っても一つの分野で突き抜けた成果を出す必要はありません。

複数の分野をまたいで能力をかけ合わせることでも、キャリアアップするのも再現性の高い方法と言えるでしょう。もし、現在の部署での出来ることに限界を感じている、もしくは将来的にはもっと別のキャリアへ転換したいと考えているのならば、他部署への異動も考えてみましょう。

そこで新たに能力を培うことが出来れば、様々な能力のある人材として重宝されるようになります。転職や資格取得のように分かりやすい形で年収をアップさせるわけではないので、あまり実感がわかないかもしれません。

しかし、長期的な目線で見れば、自分だけの優位性を築き上げることができます。そのため、将来的に考えても有力な方法と言えるでしょう。

副業する

現在いる環境を変えずとも年収を上げる方法として副業が挙げられます。近年日本でも推奨されているように、副業は年収をアップさせる有力な方法です。

とはいっても自分で稼ぐ副業にピンとこない方もいらっしゃるでしょう。副業で年収をアップさせるポイントは以下の3つです。

■副業で年収アップするためのポイント

  • 自分の得意な特技を生かす
  • 本職で培ったスキルを活かす
  • 誰でも出来る簡単な仕事をする

それぞれ具体的に見ていきましょう。

自分の得意な特技を生かす

ほかの人にはない特技があるならばそれを活かしてみると良いでしょう。例えば文章を執筆するのが得意、特定の分野についてとても詳しいならばライターが副業の候補として挙げられます。

他にも絵を描くのが得意なのであれば簡単なイラスト制作、音楽について素養があるのであれば楽曲の耳コピ代行などもおすすめです。

この方法のメリットとしては得意なことを副業としてこなしているため、精神的なストレスが少ない点です。また、既に取得しているスキルを活かすため、最初からある程度の単価で案件を取得できるかもしれません。1年~2年と続けていくと実績や実力も積み重なり、より高単価の案件も巡ってきます。

現職を辞める必要もないため、ノーリスクで年収アップを目指せるのも魅力的な点と言えるでしょう。

本職で培ったスキルを活かす

本職で専門的なスキルがあるならば、それを活かして案件を獲得するのも良いでしょう。例えばプログラマーならば副業として簡単なweb制作やアプリの開発を行うのがおすすめです。

案件単位で仕事を獲得できるため、本職に悪影響を及ぼさない範囲で副業ができます。先ほど同様、こちらも既にあるスキルを活かすため、最初から高単価の案件を獲得できるかもしれません。

また、本職とは違う範囲の仕事をすることで、倍々方式でスキルを修得できるでしょう。その後の転職やキャリアアップにもつなげることも可能です。

誰でも出来る簡単な仕事をする

自分のスキルに自信がないという方は、誰でも出来る簡単な仕事をするのも副業です。例えば内職や簡単な文字おこしもこういった副業に該当します。

誰でもできるという特性上、どうしても低単価になりやすいのが特徴です。また、あまりお金にならないのに、労働時間ばかりが増えるため、疲労がたまり現職に悪影響が出る恐れもあります。

年を重ねるにつれて体力は減衰していくため、短期的に収入を増やしたいという場合のみ取り組むと良いでしょう。

熊本県での転職の流れ

転職による給料アップを目指す方向けに、転職の流れを紹介していきます。転職の流れを把握していなければ、年収アップのポテンシャルを持っていたとしても、最大限引き出すことはできません。

あらかじめ転職の流れを把握しておくことで、丁寧に準備しておきましょう。

自己分析の徹底と希望条件の明確化

求人を探したり、履歴書を作成するといった転職活動を行う前に、まずは自己分析をして自分の希望条件を明確化しておきましょう。何の指標もないまま求人を探していても、膨大な数の求人票を前にどれに応募すればよいのか迷ってしまいます。

自分の過去を振り返って自己分析を行うと、希望条件の優先度をはっきりさせることができます。これにより、求人を探す際にも、膨大な数の中からある程度絞り込めるようになります。

また、自分のアピールポイントも明確になるため、面接の場では他のライバルから一歩出し抜けるでしょう。

自己分析を行う際にはまず、「転職で実現したいこと」を明らかにしましょう。業務内容や年収だけでなく、プライベートのことも含めて考えると後悔が少なくなります。

その後、キャリアとスキルを棚卸し、自分が転職市場においてどれぐらいの価値を持っているのかを把握しましょう。どれだけ希望が明確になっても、実力不足ではそれらを満たすことは出来ません。

最後に自分の強みをはっきりと言語化すれば完了です。自分の強みをアピールする際には、実績やエピソードとともに説明すると説得力が上がるため、しっかりと整理しておきましょう。

転職方法を選び、スケジュールを立てる

ひとえに「転職」といっても、その方法にはいくつかの種類があります。

・転職エージェント

転職エージェントでは「キャリアコンサルタント」や「キャリアアドバイザー」と呼ばれる人が一人一人につきます。

これらは転職市場の専門家であり、あなたのスキルや年齢、実績、希望条件からどういった企業を狙えばよいのか、目標の企業から内定をもらうためにはどうすればよいのかを教えてくれるでしょう。

専門家が適切なアドバイスをくれるため、一人で転職を行うのが不安な人や初めて転職を行う方にオススメです。

・転職サイト

転職サイトは、webサイト上にアップされている求人情報をいつでも検索・閲覧でき、応募もできるサービスです。

24時間365日いつでも閲覧でき、アップされる求人情報も日々変化していくため、自分のペースで転職活動を行いたい方におすすめとなります。

また、自分で希望条件が明確に把握できている人や、焦って転職活動をする必要がない方も転職サイトを利用すると良いでしょう。

・ヘッドハンティング型サイト

自分の経歴や実績を記したプロフィールを登録することで、あなたに興味を持った企業がオファーをかけてきます。

つまり、転職希望者が企業を探すのではなく、企業側が採用したい人材を探すサービスと言えるます。当然ながら、企業側の求めるスペックも高くなり、登録している人たちのレベルも高い傾向にあります。そのため、自分の能力や実績に自信がある方におすすめの転職方法です。

転職方法が決まったらスケジュールを立てましょう。転職先にどのような条件を持つのか、転職者自身の能力などにもよりますが、一般的に転職活動にかかる期間は平均して3~6ヶ月と言われています

転職先を吟味する方であれば、1年以上時間をかける場合もあるため、長い目でスケジュールを立てておくのがおすすめです。。現職で繁忙期がある時期には、転職の面接は避けるなどのスケジュール管理をしておくと、あわただしく準備する必要もありません。

逆にここでミスをしてしまうと、面接官から「スケジュール管理がうまくできない人かな?」と悪印象を持たれる恐れがあります。

転職活動を始める・面接対策を行う

大まかなスケジュールを立てた後は転職活動をはじめていきましょう、同時に面接対策も行っておくと良いでしょう。

面接対策とは「想定される質問」に対して答えを用意しておくことです。例えば、「年収を希望する理由」や「御社を選んだ理由」などはよくある質問といえます。

面接では面接官の質問に対して、どのように答えたかだけではなく、スムーズに答えることが出来たのかも見られています。ハキハキと具体的に答えることで面接官にも「しっかりと準備している人だ」と好印象を与えられます。

また、理想的な形で質問に答えられるようにするには、答えをあらかじめ準備し暗記しておくだけでは難しいかもしれません。実際の面接でも答えられるよう、誰かに質問をしてもらい、しっかりと声に出す練習をするのがおすすめです。

内定・退職手続き

内定が決まった後も気を抜いてはいけません。しっかりと退職手続きを行い、スムーズに退職日を迎えられるようにしましょう。

もし、退職時にトラブルが発生してしまうと、退職するのが長引き、内定先の出社日に間に合わない可能性もあります。こうなると相手企業に迷惑をかけるだけでなく、自分の印象を下げ、その後の昇進や昇給に響くかもしれません。

仕事の引継ぎが必要になる場合は、あらかじめ書類を作成しておくと、直前に慌てる必要もなくなります。また、会社から貸与された備品があるならば、規定に従って忘れずに返却しましょう。会社によって返却物は異なるため、念入りに確認しておくのがおすすめです。

熊本県でスムーズに転職するなら「転職エージェント」がおすすめ

熊本県は全国的に見ても地方に位置しているため、平均年収も低い傾向にあります。しかし、だからと言って熊本県に住む全ての人が低い年収であるわけでもありません。

業界や企業、自身のスキルをしっかりと見つめなおすことで、平均年収が低い熊本県でも高年収を実現できるでしょう。地方転職に特化した転職エージェント「ヒューレックス」には、熊本県での求人も数多くあるので興味がある方はぜひ登録してください。

サービス詳細を見る

この記事の監修

神谷 貴宏

愛知県出身。大手証券会社、半導体商社の営業を経て、総合人材サービス会社へ入社。 仙台支店での勤務後、大型派遣案件の企画から運用に従事。その後、会社の中核を担う“正社員”のサポートに携わりたいという思いが強くなり、ヒューレックスの設立に参画する。 17年余りにわたるコンサルタントの経験の中で3,000名を超える方々をサポート。個々人の”キャリア”だけでなく”価値観”を大切にしている。

コンサルタント詳細を見る
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

この記事に関連する求人

  • メーカー系

    熊本市(熊本) 製造技術(管理職候補)・精密板金加工メーカー/◎管理職候補◎転勤なし◎業種未経験OK◎大手メーカーとの取引多数で安定した経営基盤

    想定年収
    500~600万円
    勤務地
    熊本県

    精密板金加工を行う会社にて管理職候補としてご活躍いただきます。 【具体的には…】 ・精密板金部品のバリ取り、焼け取り、仕上げ、穴加工等の工場内業務 ・納期に合わせた各工程の管理 ・生産管理 ・スタッ...

  • IT・通信・インターネット系

    八代市(熊本) システムエンジニア・自動車業界向けのシステム開発会社/◎福利厚生充実◎業績拡大中

    想定年収
    400~700万円
    勤務地
    熊本県

    エンジニアとして、モデル開発業務を担当していただきます。 【具体的には…】 ・要件定義からプログラミンまでの様々な工程に携わっていただきます。 ※担当工程は、レベルに応じて振り分けます ・クライアン...

  • サービス系

    熊本市(熊本) 総合職・業界大手の人材エージェント会社/◎ライフイベントに関われるやりがいある仕事!◎年間休日125日◎土日祝休み◎転勤なし◎産休育休後の復職率100%

    想定年収
    400~542万円
    勤務地
    熊本県

    求職者の方に対する転職活動のサポート業務を行っていただきます。 個人営業(CC:キャリアコンシェルジュ)、法人営業(RA:リクルーティングアドバイザー)のいずれかの業務をお任せします。どの業務を担当す...

  • 不動産・建設系

    水俣市(熊本) 第2種電気主任技術者・再生可能エネルギー事業/◎土日祝休み◎安定企業◎資格を活かせる

    想定年収
    360~840万円
    勤務地
    熊本県

    太陽光等発電所の管理全般をご担当いただきます。 【具体的には…】 ・年間維持管理計画、修繕計画等の策定 ・遠隔監視業務 ・巡回点検、障害対応、緊急時対応 ・定期点検など保安管理業務 ・各種報告書作成...

  • 不動産・建設系

    熊本市(熊本) リフォーム営業・業界最大手のデベロッパー/◎年収1000万円以上を狙える!◎圧倒的なブランド力◎反響営業◎転勤なし

    想定年収
    400~1000万円
    勤務地
    熊本県

    リフォームプランの提案から工事・引き渡しまで一貫して担当していただきます。 「築百年を超える古民家を再生したい」「住居に、店舗とアトリエを併設したい」 「二世帯で住めるよう、間取りを一新したい」など...

  • 商社・流通・小売系,サービス系

    熊本市ほか(熊本) 惣菜店の店長職・右肩上がりに成長中のお惣菜メーカー/◎定着率93.5%◎現場の裁量権あり◎ワークライフバランスも充実◎福利厚生充実

    想定年収
    350~448万円
    勤務地
    熊本県

    ドラッグストアやディスカウントストアのテナントとして出店している、お惣菜店の店長として店舗管理をお任せします。 【具体的には…】 ・惣菜調理(メニューは定番商品のほか、店舗独自で、地域特性や顧客の声...

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)
年収交渉・待遇交渉は転職エージェントが行います
年収交渉・待遇交渉は転職エージェントが行います