【ケース別】転職のベストタイミングと成功のポイントを紹介!年齢・勤続年数別など

転職は今後の人生を左右する一大イベント。時間と労力をかけるからには失敗したくないですよね。転職成功のポイントには様々な要素がありますが、中でも「タイミング」は重要なポイントの1つです。「転職のタイミングが悪く、転職に失敗してしまった…」という方も少なくありません。

そこで、ここでは「季節」「年齢」「勤続年数」といったケース別に転職のベストタイミングを紹介いたします。これから転職しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

転職に最適なタイミングはいつ?

転職を成功させるためには、時期やタイミングも重要です。ここでは、転職するのに最適なタイミングについて紹介いたします。

コロナ禍でも転職市場は活発化してきている

「コロナ禍では転職は控えたほうが良い」と考える方もいらっしゃると思いますが、気にせず転職活動を行うことをおすすめします。ワクチンの接種が始まりましたが、変異株や新型のウイルスなども確認されているためこの状況がいつ収束するか先行きが見えません。それを待っていてはどんどんタイミングを見失ってしまう可能性が高いです。

有効求人倍率は回復傾向

厚生労働省の一般職業紹介状況(令和3年3月)の資料を見ると、コロナウイルスの影響で、令和2年3月から8月にかけて有効求人倍率は下降しているものの、それ以降は大きな落ち込みは見られません。さらに、10月以降は少しずつ求人が回復傾向にあることから、どの業界もコロナ禍以前と比較して求人数が豊富とは言えないものの 、転職を控えるほど深刻な状況ではありません。

アスタミューゼ株式会社の調査によると、コロナ禍以前の2019年8月よりもコロナ禍である2021年2月の方が積極的に転職活動を行っている方が多いことが分かっています。

中途採用の求人が増える2・3月、8・9月のタイミング

転職の最適なタイミングの1つとして「2〜3月」と「8〜9月」が挙げられます。「2〜3月」は新年度前、「8〜9月」は下半期前と、区切りの良い時期であるため、体制を整えるため採用に力を入れる企業が多い傾向にあります。

そのため自然と求人の数が増え、求職者にとって転職の選択肢が広がる時期と言えるでしょう。特に2〜3月に求人数が大きく増えますが、これは新卒が入社する4月までに入社させることで、研修などを合同で行い教育コストを低く抑えようとする企業が多いためです。

第二新卒枠として4月入社のタイミングは狙い目といえますが、一方で、求人数の増加に伴い求職者の数も増えるため、競争率が上がるというデメリットもあります。

ボーナス支給後のタイミング

一番転職する方が多いのが「ボーナス支給後のタイミング」です。一般的には、夏(6月末~7月上旬)と冬(12月上旬)の2回ボーナスが支給されますが、企業によってタイミングも回数もさまざまです。

「うっかりボーナス支給目前で退職してしまった」ということがないように、支給日はしっかり確認しておきましょう。同じようにボーナスをもらってから退職する方が多いため、欠員補充のために求人を出す企業が多くなる傾向にあります。その分、求職者も増えるため敢えてこの時期を避けるという手もあります。

最低でも「勤続年数3年以上」がおすすめ

勤続年数によっても転職のタイミングは異なります。勤続年数が長ければ特に気にすることはありませんが、勤続年数が短いとマイナスイメージを持たれがちです。

入社して1年未満で転職する場合、「長続きしない」「責任感がない」といったネガティブなイメージを持たれてしまう可能性が高いです。まずは「勤続年数3年」を目安にして転職するのがおすすめです。一般的に、「最低でも3年」という風潮があるため、少しでも長く勤めることで上記のようなマイナスなイメージを与えにくくなるでしょう。

年代別の転職のタイミング

勤続年数と合わせて、年齢も転職に大きく影響する要素の1つです。ここでは、年代別に転職のタイミングとポイントについて解説いたします。

20代前半

20代前半での転職は勤続年数も短く、スキルや経験でアピールしきれないためタイミングとしてはあまりおすすめできません。このタイミングでの転職では、特に明確な退職理由が求められます。

ただし、20代前半は第二新卒枠での採用になるため企業からの教育を受けられる可能性が高く、これまでの業界・職種とは全く異なるキャリアへもチャレンジしやすいタイミングと言えます。

20代後半

ある程度の経験やスキルを身に着けているであろう、20代後半は転職の好機といえるでしょう。実際に、転職活動をする方が最も多い年代で、企業はポテンシャル採用として積極的に獲得したいと考えています。専門的な知識や実績があればより有利に転職を進められますが、人柄や仕事への姿勢、地頭などがしっかりしていればキャリアチェンジもしやすい年代です。

30代前半

30代前半は、20代後半から引き続き転職の好機と言えます。ただし、企業は即戦力として採用したい年代なので、求められる経験・スキルのハードルは高い傾向にあります。また、20代後半とは違いキャリアチェンジは難しいでしょう。転職するには良いタイミングですが、30代以降は年齢を重ねるにつれて転職が難しい傾向にあるので、この時期の転職は早めに行動するのがおすすめです。

30代後半

30代後半からの転職は、即戦力としての経験・スキルだけではなく、マネジメント経験が求められ、採用のハードルも高くなる傾向にあるため、転職のタイミングとしてはやや悪いといえます。管理職でなくとも、プロジェクトリーダーや後輩社員の育成などの経験があればマネジメント経験・スキルとして認めてくれる企業もあるため転職成功の可能性は高いです。

40代以降

40代以降の転職は、業務に対する幅広い知見とマネジメント経験、管理職の経験が求められます。特別なスキル、経験がない方は転職が難しい年代です。専門性が高い資格や経験、スキルを持っている方であればこの年代でも十分有利に転職活動を進められますが、一般的な求人サイトでは求人が少ないため、転職エージェントやヘッドハンティングサービスを利用して転職する方が多いようです。

転職のタイミング悪いのはいつ?

ここまで、時期や勤続年数、年代別に転職のタイミングについて解説してきましたが、転職のタイミングが悪い時期も気になるところです。ここでは、上記の内容を踏まえながら、転職のタイミングが悪い時期について詳しく解説していきます。

転職後すぐのタイミング

転職後すぐのタイミングは転職するにあたり良いタイミングとは言えません。企業から「また、すぐ辞めてしまうのではないか」「人として問題があるのではないか」というマイナスな印象で見られてしまうため最低でも3年ほど働いてからの転職がおすすめです。

ただし、無理に働く必要はありません。実際に働いてみて「求人の内容、聞いていた話と乖離している」などの正当な理由があれば、一般的な転職のタイミングは気にせず行動しても良いでしょう。その際は、転職活動中、転職先企業が納得する正当な退職理由を伝えられるようにしなければならないことを留意しましょう。

ライフイベントと重なるタイミング

転職活動は時間も手間もかかります。結婚や出産、引越しといったライフイベントと重なる時期は何かと忙しいため、転職は控えたほうが良いでしょう。転職活動とライフイベントのスケジュールをしっかり練って行動できるのであれば問題ありませんが、焦って転職をしてしまって失敗してしまったというケースは少なくありません。ライフイベント前後の、心にゆとりがあるタイミングが転職の好機と言えます。

退職のタイミングも重要

ここまで転職のタイミングについて紹介してきましたが、合わせて退職するタイミングも重要です。「立つ鳥跡を濁さず」という言葉がありますが、これまでお世話になった企業とはトラブルなく円満退職したいところです。

基本的に社内規定に従う

転職を決める前にまずは、退職予定日の何ヶ月前に退職の意志を伝えればよいのか社内規定を確認しましょう。社内規定に沿って行動すれば会社との大きなトラブルは避けられますが、進行中のプロジェクトやクライアント企業などの引き継ぎの関係もあるため、企業と話し合いながら折り合いを付けるのが一般的です。

転職先が決まってから退職する

「退職したけど転職先企業が決まらない…」といったことにならないように転職先企業から内定をもらってから退職しましょう。「有給消化中に転職先企業を決めれば良い」と考えている方もいらっしゃると思いますが、転職には少なくとも1〜2ヶ月ほどかかります。在職期間に転職活動をするのは大変ですが、万が一を回避するためにも転職先から内定をもらってから退職を伝えましょう。口約束での内定は法的効力がないので、必ず内定通知書をもらってから退職してください。

転職エージェントを利用すればタイミングは気にしなくて良い

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書作成のアドバイス、面接対策といった転職活動をサポートしてくれるサービスです。

あなたの状況をしっかりヒアリングした上で転職にベストなタイミングを教えてくれます。タイミングに関係なく、あなたにマッチした求人があればどんどん紹介してくれるのでタイミング関係なく転職活動をスムーズに進められるのでおすすめです。簡単登録

サービス詳細を見る  

この記事の監修

神谷 貴宏

愛知県出身。大手証券会社、半導体商社の営業を経て、総合人材サービス会社へ入社。 仙台支店での勤務後、大型派遣案件の企画から運用に従事。その後、会社の中核を担う“正社員”のサポートに携わりたいという思いが強くなり、ヒューレックスの設立に参画する。 17年余りにわたるコンサルタントの経験の中で3,000名を超える方々をサポート。個々人の”キャリア”だけでなく”価値観”を大切にしている。

コンサルタント詳細を見る
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

この記事に関連する求人

  • メーカー系

    宇都宮市(栃木)営業職・金属加工製品の設置工事会社/◎転勤なし◎未経験歓迎◎研修制度・資格取得支援制度あり

    想定年収
    266~434万円
    勤務地
    栃木県

    営業としてご活躍いただきます。 【具体的には…】 ・現場の安全管理、工程管理等の案件管理 ・お客様との見積価格交渉 ・現場との打合せ ・営業活動に伴う資料作成、見積書作成等の事務 【担当営業コメン...

  • メーカー系

    宇都宮市(栃木)金属加工職・金属加工製品の設置工事会社/◎転勤なし◎未経験歓迎◎研修制度・資格取得支援制度あり

    想定年収
    224~434万円
    勤務地
    栃木県

    技術職(金属加工)をご担当いただきます。 【具体的には…】 ・工場内での金属加工、金属製品の製作 ・ステンレス、アルミ、スチール等の曲げ加工 ・金属製手摺加工、製作(鉄板の曲げ加工、溶接など) 【...

  • メーカー系

    宇都宮市(栃木)現場施工・金属加工製品の設置工事会社/◎転勤なし◎未経験歓迎◎研修制度・資格取得支援制度あり

    想定年収
    238~434万円
    勤務地
    栃木県

    現場監督(現場施工管理)としてご活躍いただきます。 【具体的には…】 ・現場の施工管理 ・ステンレス、アルミ、スチール等、自社製作の金属曲げ物や手摺の取付工事 ・メーカー既製品の取付工事 【担当営...

  • 不動産・建設系

    刈谷市(愛知) LPガス担当者・建築不動産グループ/◎転勤なし◎福利厚生充実

    想定年収
    300~500万円
    勤務地
    愛知県

    LPガスの現場担当者として業務全般に携わっていただきます。 【具体的には…】 ・LPガスの閉開栓、点検、保全 ・お客様への説明 等 【HUREX求人担当コメント】 普段からライトにコミュニケーショ...

  • サービス系

    福岡市(福岡)不動産営業・不動産事業/◎転勤なし◎学歴不問◎マイカー通勤可

    想定年収
    400~600万円
    勤務地
    福岡県

    不動産営業をお任せします。 【具体的には…】 ・不動産売買、仲介 ・売買の資料作成 ・物件の仕入れ ※社長のパートナーのような役割を担っていただきます。社長と相談して自ら購入物件等を決めていきます。...

  • 不動産・建設系

    刈谷市(愛知) 建築設計・建築不動産グループ/◎年収1000万も目指せる◎土日休み◎転勤なし

    想定年収
    800~1000万円
    勤務地
    愛知県

    賃貸用の戸建て、アパート、マンション、大型リフォームの設計をお任せいたします。 【具体的には…】 ・当社が施工するアパート/マンション/店舗/事務所等の設計業務 ・大型リノベーション工事の設計業務 ...

転職ノウハウ コラム一覧

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)
年収交渉・待遇交渉は転職エージェントが行います
年収交渉・待遇交渉は転職エージェントが行います