転職の限界年齢35歳は真実?最近の転職平均年齢と、30代・40代の転職のコツ

終身雇用制度が形骸化している現在の日本で、転職は珍しいことではありません。20代の若年層のみならず、30代・40代のミドル層にもキャリアアップを目指して、転職活動を始める人が増えています。コロナ禍で会社の業績が悪化し、転職を意識せざるを得なくなった方も少なくないはずです。

一般的に、転職活動は年を重ねるごとに厳しさが増すといわれています。しかし、転職者が増加している現代では、30代以上の人材を受け入れる会社も多々存在します。実際のところ、年齢はどの程度転職活動に関係してくるのでしょうか。今回は30代以上の転職活動のポイントを紹介します。

30代からの転職が厳しいのは本当?

なぜ30歳を過ぎると転職が厳しいと言われるようになるのでしょうか。よく言われる「35歳転職限界説」とあわせて、知っておくべき2つのポイントを解説します。

35歳転職限界説とは

35歳転職限界説とは、35歳を境に転職成功率が下降の一途を辿るという、転職市場の定説です。「35歳の壁」と呼ばれることもあります。新卒至上主義が根強い日本では、社会経験が浅く、自社の文化に染まりやすい20代が重宝される傾向にあります。若い世代は低賃金で採用しやすいところも企業にとってのメリットです。

また、長年同じ企業に勤めていると勤務先の文化が強く染みついて、適応力や柔軟性が低下してきます。新しい環境への適応力を懸念して、35歳以上の採用を渋る企業が多くなるのは必然かもしれません。

雇用動向調査結果の概要

画像引用:「令和元年上半期雇用動向調査結果の概要|厚生労働省」

厚生労働省が実施した「令和元年上半期雇用動向調査結果の概要」を見ると、男女ともに30歳を超えると、60歳まで入職率は下降の一途をたどります。社会に出る20代前半の入職率が高いのは当然ですが、20代後半と比較すると緩やかに下降していくのは明白です。この結果からも、35歳以上における転職の難しさがわかります。

スキルの有無で転職の難易度は変わってくる

中途採用を募集している企業の多くは、即戦力を重視しています。実務に活かせるような専門知識や技術を持っている方は、35歳以上であっても転職に成功しやすいでしょう。また、マネージャーや管理職経験のある人は、マネジメントスキルを評価してもらえる可能性があります。

女性は男性より転職しづらい?

「女性は結婚や出産で退職する人が多いから、採用されにくい」とよく言われます。確かに女性は男性よりも離職率が高く、35歳を過ぎると入職率は低下することが、厚労省の調査でもわかっています。

画像引用:「統計トピックス(労働力調査)|総務省統計局」

しかし、総務省が行った「2019年労働力調査」によると、同年における女性の転職者数は186万人で、男性より20万人以上多いことがわかっています。女性の社会進出が著しい現代にあって、転職市場における男女差も徐々に縮まっているようです。

最近の転職成功者の平均年齢と割合

「35歳転職限界説」が存在する一方で、実際の転職成功者は何歳から動き出しているのか、気になるところです。ここからは近年の転職成功者の平均年齢と、募集企業の事情を紹介します。

転職成功者の平均年齢は32歳

転職サイトを運営するdoda(デューダ)が行った「転職成功者の年齢調査」によると、2020年に転職に成功した人の平均年齢は32.0歳(男性32.9歳、女性30.1歳)。前年の2019年は31.7歳(男性32.5歳、女性29.8歳)でした。2008年の調査開始以降、最も高い年齢であったことから、転職成功者の高齢化がうかがえます。

年齢別に見ると、40歳以上の転職成功者の割合は14.3%から15.5%と大きく伸びていて、40代以降の転職はもはや珍しいものではありません。

30代以上の人材を求めているのは「地方」の「中小企業」

企業規模別転職入社数

画像引用:「2030年に向けて、中高年の流動化をどのように進めればよいか|組織行動研究所」

厚生労働省が行った「平成25年雇用動向統計調査」によると、大企業よりも中小企業のほうが多くの転職者を受け入れていることがわかります。特に35~49歳までの中間層は、大手企業と中小企業の転職入社数に大きな開きがあり、ミドル層にとってチャンスです。

順位 エリア 入職率
1位 北九州 28.3%
2位 南九州 26.5%
3位 四国 23.7%
4位 北海道 19.8%
5位 山陽 18.9%
5位 東北 17.3%

参考:「雇用動向調査|政府統計の総合窓口」

雇用動向調査によると、入職者の受け入れが多いのは、九州や北海道、四国、東北などの地方で、全国平均の16.7よりもかなり高めです。U・Iターン転職を考えている人は、地方中小企業への転職が狙い目と言えます。

30代以上が未経験でも転職しやすい業種・職種

30代以上になると、転職先で即戦力が求められます。しかし、未経験でも比較的転職しやすい業種や職種も存在します。代表的な職種・業種は以下の4つです。

営業職

ゴーリストの調査によると、営業職の求人件数は約30,000件で、全職種のなかでもっとも多いことがわかっています。業種に関わらず、ほぼすべての会社に存在する営業職は、需要の高い職種です。

職種名 求人件数
営業系 29,476件
エンジニア 19,181件
建設系 8,795件
物流系 7,390件
青銅・化学・食品系 5,247件
電機・機械系 4,965件
クリエイティブ職 2,954件
販売・接客 2,424件

参考:「【2020年11月度】転職系主要5媒体・求人レポ―ト|HRog(ゴーリスト)」

 

販売・接客職

同調査では、販売・接客の求人数も多いことがわかっています。飲食業や小売業でニーズの高い販売・接客職は、積極的に応募者を採用している企業も少なくありません。

 

情報通信業

リクルートワークス研究所が行った「中途採用実態調査」によると、2021年度に中途採用者の数が増えると回答した情報通信(IT)業は全体の15.5%で、他業界に比べて多いことがわかっています。エンジニアだけではなく、営業職や事務職を募集している情報通信関連会社も存在します。

 

メーカー

ものづくり大国である日本国内には、中小企業から大企業まで、さまざまなメーカーが存在します。営業職や事務職、工場作業員など職種も豊富で、比較的求人を見つけやすい業種と言えます。未経験OKの職場も少なくありません。

 

30代で転職を成功させるコツ

30代は前半か後半かによって、転職活動の難易度は変わってきます。そんな30代の転職では、20代が強調しがちな「やる気」以外の何かをアピールすることが重要です。とりわけ大切な3つのポイントを紹介します。

30代は実務経験が求められる

社会に出て10年近い年月が経っている30代は、「社会生活で何をしてきたか」を存分にアピールする必要があります。実務経験がある人は即戦力としてみなされ、選考も通りやすいため、実務経験をアピールできそうな職種に絞って求人を探すのはひとつの手です。

転職のコツは業種を絞りすぎないこと

実務経験は重要ですが、必ずしも業種まで絞り込む必要はないと考えます。異業種であっても、職種が同じであればれまで培ったスキルを活かせるかもしれません。たとえば実務経験がものをいう経理職であれば、どの業界でもある程度通用する可能性が高いものです。業種については、少しだけ視野を広げてみると良いかもしれません。

30代後半になったら実務経験プラスαも重要

いわゆる「35歳の壁」を迎えると、実務経験のアピールだけでは厳しくなってきます。30代になると管理職やマネージャーを任せられる機会も増えますので、これまでのリーダー経験やマネジメント力をアピールできると理想的です。また、転職先で活かせそうな資格がある方は、強く強調してみてください。

40代で転職を成功させるコツ

転職が厳しくなってくる40代は、30代以上にコツを抑えた転職活動をする必要があります。

40代はマネジメントスキルが求められる

40代以上を対象とした幹部候補や管理職の求人は、決して少なくありません。そうではなくても、40代は職場のまとめ役としての役割を期待される年代です。マネージャーや管理職経験がある方は、その経験を書類や面接で十分にアピールしましょう。

マネジメント経験がなくても、これまでの新入社員や後輩との指導方法を伝え、自身の潜在能力を伝えるようにしてください。

転職のコツは人間性の良さをアピールすること

どんなに立派な職歴や資格があっても、協調性やコミュニケーションスキルがなければ、新しい組織にもなじめません。40代ともなれば、スキルだけではなく部下をまとめ、指導していくリーダーシップなど、高い人間性も求められる年代です。面接時には、書類だけではわからない、自分の長所を伝えるようにしましょう。面接官に良い印象を持ってもらうためには、身だしなみから話し方まで、入念な対策を行ってください。

ときには妥協が必要になることも

40代以上になると30代以上に、転職活動が厳しくなってきます。募集要項の年齢制限に引っかかることもあるでしょう。給与や福利厚生の条件を高く設定すると募集企業が限られてくるため、ある程度条件を緩く決めて探すことをおすすめします。優先順位をつけて探すと、見極めやすくなります。

30歳以上の転職活動ではヒューレックスがおすすめ!

現在、転職市場では30歳以上の転職は珍しいものではなくなり、35歳転職限界説も過去のものとなりつつあります。そうは言っても、若手が重宝される日本では、年齢を重ねるほど転職が不利になることに変わりはありません。一人で転職活動をしても、壁にあたってしまう可能性があります。

そのような方には、ぜひ転職エージェントの利用をおすすめします。適切な求人紹介やアドバイスを行っている転職エージェントを利用することで、転職の成功率を上げられるかもしれません。

ヒューレックスには、30代以上の転職に特化した優良企業を数多く紹介しています。ミドル層向けの求人も豊富です。履歴書や職務経歴書の書き方、また面接対策指導を実績豊富な転職コンサルタントから受けられて、年齢によるハンデもカバーされます。ぜひ一度お問い合わせください。

サービス詳細を見る

この記事の監修

須賀川 敏哉

神奈川県出身。早稲田大学卒業後、大手証券会社に入社。人材業界では、通算20年以上のキャリア。 10年間の証券営業を通じ、経済や景気動向、企業動向の見方を養う。 大手総合人材サービス会社では、首都圏拠点立ち上げ、新宿・丸の内支店長、金融・外資部長、東京本社エリアディレクターを歴任。 ヒューレックスでは、転職支援を中心に、コンサルタントとして幅広い職種と年齢層に対応。 仙台本社を経て、現在は東京本社を立ち上げ、首都圏および関東甲信越地区において、数多くの就職・転職成功実績を積み重ね、今後も「転職成功物語」、実績NO.1を目指す。

コンサルタント詳細を見る

転職のアドバイスを無料で受けてみませんか?

理想のキャリアを歩んでいただくための
転職活動を全力サポート。
キャリアカウンセリングから書類添削、
応募企業ごとの面接対策まで
プロの目線で転職に役立つ情報をお伝えします。

求人探しにお困りの方へ

地域密着型の転職支援会社だからこそ、
地元優良企業の求人が多数ございます。
他社転職サイトでは取り扱っていない
好条件求人が見つかります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

転職ノウハウ コラム一覧

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)