40代男性の転職が難しい理由と成功のポイント

一般的に40代男性の転職は難しいと言われています。一昔前と比較すると転職のハードルがずいぶんと下がったととはいえ、40代の転職希望者が希望の条件を満たしている転職先に希望できる可能性は高いとは言えない状況です。

華々しい成果・実績のある方や、企業からヘッドハンティングを受けている方など、転職によってステップアップをしている方もいますが、一般的には転職が厳しいという認識をもった方が良いでしょう。また、必ずしも転職によって給与や条件が上がるわけではないということを理解することも重要です。

しかしながら、なかには特別なスキルや経験をもっていないにも関わらず転職に成功している40代男性もいます。この記事では、転職を希望されている40代男性に向けて、全国で多くのサポート実績のある転職エージェント、ヒューレックスが転職を成功させるための情報を解説します。

40代での転職が厳しいと言われる理由

40代男性が転職するためには、転職が一般的に難しいとされている理由を理解する必要があります。状況を正確に把握すれば、適切な準備をすることができるためです。この章では、3つの観点から40代男性の転職の難しさを解説します。

求人がそもそも少ない

転職市場で募集されている40代男性のポジションの多くは、一般社員や将来のマネージャー候補です。一般的に社内では求職者の年齢が上がれば上がるほど高いスキルが重視されることに加え、幹部採用の母数はそれほど多くないため、40代男性の求人数は30代以下ほど多くありません。

さらに40代男性にとっては、産業構造の変化という問題もあります。内閣府の「 日本経済2017-2018 」においても、従来日本経済の中心を担っていた建設業や製造業の人数が大きく減少し、代わりに介護・情報産業などの人員の需要が高まっていることが報告されています。豊富な経験やすぐれた実績があっても、同じ業界でその能力を活かせるとは限らないということです。

上記の内容から、40代男性が培ってきたスキルや経験を生かして働ける場面が少ない状況です。実際、求人サイトに登録されている求人の多くは、35歳以下を対象としています。また、求人票には明記されていないものの、企業側が30代以下の候補者を想定している求人も存在します。

採用のハードルが高い

40代男性に対しては、採用のハードルの高さという問題もあります。40代になるとマネージャーとしての手腕も期待されます。あるいは、採用企業にすぐに貢献できるレベルの高度なスキルや知識が要求されるケースが多く、即戦力人材でなければ採用される見込みは低いでしょう。

年功序列の勤務体系が見直されているとはいえ、企業は従業員の年齢に見合った給与を支払う傾向があります。40代男性のフルタイム勤務者に対しては20代や30代のスタッフよりも高水準の給与体系が取られているケースが多く、結果的に相応の貢献度が要求されることになります。

中社風とのマッチングが要求される

社風とのマッチングは、見落とされがちなポイントです。前職や前々職で異なる企業文化においてビジネスをしてきた転職者は、採用企業の担当者から「自社に馴染めるだろうか?」と懸念されがちです。

また、40代という年代に対して採用担当者から下記のような懸念を抱かれることがあります。

  • 若手世代に比べて柔軟性に欠ける可能性がある
  • 採用担当者や教育担当者より年配であるため、日常のコミュニケーションの際に気まずさを感じる
  • 知識の吸収が悪い

 
個人の能力や性格の問題もあり、これらの懸念事項は必ずしも全員に当てはまるわけではありません。しかし、転職に成功しその企業で活躍している方は、新たな環境や人間関係を謙虚に受け入れ、対応しようとしている方が多いのも事実です。

40代での未経験転職に求められる姿勢

40代男性が転職を成功させるためには、新たな環境にうまく馴染めることをアピールする必要があります。特に未経験の職種に応募する方の場合、経験や熱意をアピールしただけでは採用を勝ち取るのは困難でしょう。

現実的には、これまでの職歴での人脈を生かしたり、応募先の業界や職種の幅をかなり広げたりしない限り、勝算はありません。この章では、未経験の方が採用を勝ち取るための4つのポイントを紹介します。

年収にこだわらない

仕事をする上では、年収は非常に重要な要素です。年収が下がると、モチベーションが大きく下がってしまったり、生活水準を下げざるを得なかったりする方もいらっしゃるでしょう。しかし、40代で年収にこだわると、転職の難易度がより高くなります

そもそも、未経験の職種にチャレンジする場合には、即戦力性の部分で疑問がつくため、キャリアを重ねてきた現職・前職と比較すると年収が下がるのはやむを得ないと考えるべきでしょう。

極端な例かもしれませんが、将来的な正社員登用や技術の獲得が可能であれば、一度アルバイトとして希望職種のキャリアをスタートする方法もあります。

優先順位を明確にする

転職においては、給与のほかにも職種・仕事内容・条件・福利厚生・勤務地などさまざまな条件があります。これらのすべてが希望通りになる職場を探すのは、年代の問題を抜きにしても、極めて困難です。

40代男性の場合は、求人の母数が少なくなるため、なおさら希望条件を満たすことは難しくなります

大切なことは求人における優先順位を明確にすることです。自分自身にとってどうしても外せない条件と妥協できる条件とをあらかじめ明確にしておくことで、求人を見たときにその場の感情や気分などに左右されることなく、的確な判断を下せるでしょう。

職種を問わず活かせるスキルをアピールする

未経験の職種にチャレンジをするからといって、すべての経験やスキルが無駄になるわけではありません。40代男性を企業が採用する際には、マネージャーとしての役割を期待されることもあるため、以下の実績や経験があれば大きなアピール要因になります。

  • マネジメント経験
  • プロジェクトの立ち上げ経験
  • 大きな交渉や商談の成功経験

 
また、営業力・コミュニケーションスキル・部門間の折衝能力などの業界や業種に関係なく使用できるスキルも転職時には大いに役立ちます。

謙虚な姿勢を意識する

特に目立った成果のある方や役職者として長く活躍してきた方は、プライドの高さのせいで新しい環境にうまく馴染めないことがあります。また、自分自身がプライドを高く持っていることはなくとも、年下のスタッフたちが気を遣ってしまい、結果的に周囲から浮いてしまうこともあります。

このような状態を避けるために、謙虚に環境に溶け込む姿勢を持って転職活動をすることが重要です。人事採用担当者や教育担当者は、面接の段階で周囲と調和できるか否かをを心配していることも多いため、新たな環境に馴染みたいという姿勢を積極的にアピールしましょう。自分自身が馴染みたいという謙虚な姿勢でいると、採用後に自然と周囲から頼られる存在になります。

40代が未経験転職でも転職しやすい業種・職種と対策

40代の転職希望者は、現実的に転職をしやすい道を考えることも重要です。近年はテクノロジーの進化や人口構造の変化などから産業構造が大きく変動しており、業種・職種によっては転職の難易度が大きく下がるためです。

「厳しい」とされる40代未経験の転職においても、業種や職種の選択により難易度を大きく下げられます。さらに、40代男性が転職するためにとるべき戦略についても解説します。

転職しやすい業種・職種

一般的に、40代男性未経験者が転職しやすい業種・職種は以下のとおりです。

・介護関連
高齢化に伴い人手不足が常態化しています。特に、人手不足が深刻化しているのは、介護士をはじめとする現場担当者であるため、どのようにキャリアパスを考えるかが重要です。

・飲食関連(接客業)
飲食関連の仕事は、給料が安い上に労働時間が長い傾向が強く、一般的に不人気業界とされています。そのため、飲食業界で働きたいと考える方が少なく人材不足に陥っています。

・情報技術関連
経済産業省は、2030年に最大79万人のIT人材が不足するとの予測を発表しています。特に、専門性の高い技術を持った高度IT人材の不足が深刻化すると懸念されており、現状すでにAI・DX・ITセキュリティなどの分野では人材不足が顕在化しています。

・営業職
営業職は、ほぼすべての業界にて必要とされる職種です。また、取り扱う商材によっていくつかタイプは異なるものの、共通して利用できるテクニックやノウハウなどもあるため、営業経験のある方にとってはチャレンジしやすい職種です。中小企業や人手不足が慢性化している業界の営業職であれば、未経験からの採用を目指せる可能性があります。

・配送ドライバー
インターネット通販の普及に伴い、需要が高まっています。

・倉庫管理
大型倉庫でのピッキングや搬出入などの作業や在庫管理などの業務があります。特別な資格を必要としないため、未経験からチャレンジしやすいでしょう。

・自動車整備
自動車整備士の資格があれば、年齢問わず活躍できます。

・人材サービス業界
人材サービス業界は異業種からの参入がしやすい業界です。転職相談やクライアント企業の開拓などにビジネス経験を生かせるでしょう。

上記のように、人手不足の業界や仕事をするにあたって年齢・経験のハードルが少ない仕事であれば、40代未経験でも転職しやすい傾向が見られます。

経験や職歴を生かせる仕事

異業種や異職種でも、過去の経験・経歴を生かせる仕事はあります。例えば、プロジェクトリーダーとしての経験をもっている方は、スタートアップ企業に就職することで開業直後のめまぐるしい忙しさをうまく立ち回れるかもしれません。

あるいは、製造業で着実に技術を積み上げてきた方は、丁寧さや几帳面さが要求される職場でスキルを発揮できる可能性が高いでしょう。ご自身のスキルを最大限に発揮するには、ご自身のスキルの棚卸しをして、発揮できそうな職種・ポジションを探すことが重要です。

転職エージェントに相談をする

転職のプロである転職エージェントに相談をするのもオススメです。転職エージェントでは、転職相談・書類や面接のアドバイス・求人の紹介などの業務を無料で対応しています。求職者にとっては、ノーリスクで転職のサポートを受けられるということです。

転職をしたいという目標はあるものの何からはじめればよいかわからないという方や、どうしても書類選考が通過しないという方は、一度転職エージェントに相談されてみてはいかがでしょうか?

 

40代男性が転職エージェントを利用するメリット

この章では、40代男性求職者が転職エージェントを利用するメリットを掘り下げていきます。転職エージェントといえば、求人を紹介してくれる所というイメージをお持ちの方が多いかしれませんが、求人を紹介してもらう以上のメリットが転職エージェントにはあります。

採用企業のニーズがわかる

転職エージェントは、採用・転職に関するプロフェッショナルであるため、企業の人事がどのような人物を求めているのかを把握しています。

また、直接企業の面接に応募して不採用になった場合に、不採用の理由を聞ける可能性は低いですが、転職エージェント経由で応募した場合には理由を確認できることもあります。企業の人事担当者と良好な関係を築いている転職エージェントもいるためです。

不採用の理由が、その後の採用面接を突破するための大きなヒントになるかもしれません。

現職を続けながら無理なく転職活動をできる

転職エージェントを利用すると、応募企業に対する相談・質問・面接日程の調整などの窓口になってもらうことが可能です。したがって、現職を辞めずに転職活動をしたい方にとって大きなメリットになります。

40代男性の場合は、現職を退職することは大きなリスクになります。転職活動期間が長引くと収入を得られない期間が長期化するためです。また、転職前の企業よりも条件面で劣る求人しか見つけられないこともあるでしょう。リスクを少しでも下げるために、転職エージェントの利用は効果的です。

職務経歴書の添削や面接対策をできる

転職エージェントのサービスの一つに、職務経歴書の添削や面接対策などのサービスがあります。求人数の限られる40代男性の転職において重要なことは、条件に合致した求人に遭遇したときに、確実に採用を勝ち取ることです。

採用の確率を高めるためには、経歴やスキルを最大限にアピールすることが大きなポイントとなるため、プロの目線で職務経歴書添削や面接対策をしてもらうことにはとても大きな意義があります。

求人を紹介してもらえる

転職エージェントは、求人サイトには出回っていない求人が集まります。例えば、新部門のマネージャー候補や、特定のスキルをもった候補者のみを選定したい場合など企業側がオープンにしたくない求人は、求人サイトよりも転職エージェントが利用される傾向があります。

このとき重要なポイントは、転職エージェントの選び方です。転職エージェントによっては、40代男性が応募できる求人をほとんど取り扱っていないこともあります。

魅力的な求人を持っている可能性が高いのは、企業の人事担当者と密な関係を持ち、内情に精通している転職エージェントです。人事との関係が良好な転職エージェントは、仮に企業側が想定する年齢を少しオーバーしている場合でも、「条件にマッチする」とプッシュししてくれることもあります。

ヒューレックスはまさに企業の人事部との深い結びつきを強みとする転職エージェントです。

各地域で地元企業をはじめとした多くの企業と密接な関わりを持ち、これまで多数の人材紹介の実績を重ねてきました。その経験の積み重ねにより、多くの企業から信頼を獲得しています。無料での転職相談にも対応しているので、ぜひ気軽にご相談ください。

 

40代男性求職者はポイントを押さえた転職活動が重要

40代男性の転職は決して簡単ではありません。希望条件を十分に満たす転職を実現するためには、さらに難易度があがります。しかし、優先順位を明確にし、新たな環境に溶け込むようにすることで、転職できる確率を高められるでしょう。

「40代男性を対象とした求人をたくさん紹介してもらいたい」「書類・面接対策のサポートを受けて専攻に通る確率を高くしたい」とのお考えをおもちの方は、ヒューレックスの無料相談をぜひご利用ください。

サービス詳細を見る
「まだ転職するかどうか悩んでいる…」方へ。まずは無料のメールマガジン登録で、情報収集から始めてみませんか? メールアドレスだけで登録完了!あなたに合った新着求人や、転職成功ノウハウが届きます。
メルマガ登録する

この記事の監修

神谷 貴宏

愛知県出身。大手証券会社、半導体商社の営業を経て、総合人材サービス会社へ入社。 仙台支店での勤務後、大型派遣案件の企画から運用に従事。その後、会社の中核を担う“正社員”のサポートに携わりたいという思いが強くなり、ヒューレックスの設立に参画する。 17年余りにわたるコンサルタントの経験の中で3,000名を超える方々をサポート。個々人の”キャリア”だけでなく”価値観”を大切にしている。

コンサルタント詳細を見る
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

この記事に関連する求人

  • 不動産・建設系

    須賀川市(福島) 営業(未経験歓迎)・地元設備工事会社/◎未経験歓迎◎業績好調◎転勤なし◎社用車貸与◎資格受験費用負担あり

    想定年収
    300~400万円
    勤務地
    福島県

    同社営業として下記業務をお任せいたします。 【具体的には…】 ・工事の受注営業(自治体、ゼネコン、個人宅等)基本的には問い合わせをいただいてから提案をスタートする為、飛び込みはありません。 ・施工現...

  • メーカー系

    御所市(奈良) 設備保全・鋳造メーカー/◎奈良時代から継承されてきた伝統的企業◎残業少なめ

    想定年収
    300~600万円
    勤務地
    奈良県

    鋳造工場内の電気炉を含む設備関連保全 ・保全が中心となりますが、IOTの活用の起案や鋳造に関する作業にも携わり、鋳造に関する知見を深めていただきます 【具体的には…】 ・点検:機械状況を把握するメー...

  • 不動産・建設系

    小牧市(愛知) 建築施工管理・売上好調の建築会社/◎学歴不問◎社内平均年齢30歳

    想定年収
    500~700万円
    勤務地
    愛知県

    大型商業施設など、建物の建築や鉄骨工事などの工事に関わる施工管理を担当していただきます 【具体的には…】 ・顧客との打ち合わせ ・協力会社の手配 ・施工管理に関わる業務 ・各工事の進捗確認 ・その他...

  • メーカー系

    南秋田郡(秋田) 提案営業・新エネルギー関連事業/◎転勤なし◎賞与2回◎社員を大切にしている企業

    想定年収
    350~462万円
    勤務地
    秋田県

    取り扱い機器およびシステム等の企画・販売、営業全般 【具体的には…】 ・行政機関、法人、個人顧客への営業活動 ・太陽光発電システム、家庭用蓄電システムおよび省エネ機器の企画・販売...

  • 不動産・建設系

    小牧市(愛知) 土木施工管理・売上好調の建築会社/◎学歴不問◎社内平均年齢30歳

    想定年収
    500~700万円
    勤務地
    愛知県

    大型商業施設など、建物の基礎や構成型枠などの工事に関わる施工管理を担当していただきます 【具体的には…】 ・顧客との打ち合わせ ・協力会社の手配 ・施工管理に関わる業務 ・各工事の進捗確認 ・その他...

  • 不動産・建設系

    春日井市(愛知) 建築施工管理・地場に根付く建設会社/◎年収500万円以上◎学歴不問

    想定年収
    500~750万円
    勤務地
    愛知県

    民間施設などの防水工事や外壁工事などの工事に関わる施工管理を担当していただきます 【具体的には…】 ・顧客との打ち合わせ ・協力会社の手配 ・施工管理に関わる業務 ・各工事の進捗確認 ・その他、書類...

40代 コラム一覧

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)