IT業界の転職は資格が重要?おすすめスキルと資格について

人材不足が著しいIT業界の転職では、経験者が優遇される傾向にあります。そのため、ITに関する実績やキャリアを持っていない未経験者の中には、IT業界への転職に対して不安を抱いている方もいらっしゃるでしょう。
そういった方には、IT関連の資格を取得するのがオススメです。

あまりイメージがないかもしれませんが、IT業界の面接では実績やキャリアの他にIT関連の資格も重要視されており、取得していれば転職活動が有利になります。
また、未経験者だけでなく、経験者であってもIT関連の資格が有利に働く場面があります。

この記事ではなぜIT業界の転職で資格が重要なのか、加えてどのような資格がオススメなのかについても紹介していきます。

IT業界の未経験と経験者の資格の必要性

なぜIT業界では資格が重視されるのでしょうか。以下ではIT業界における資格の重要性を未経験、経験者別に見ていきましょう。

未経験者は資格で有利になる可能性がある

資格を保有する効果は未経験者の方が顕著です。IT業界では実績やスキル、これまでのキャリアが重視される傾向にあり、これらを何も保有していない未経験者は面接でのアピールポイントがありません。

ただし、資格を保有していた場合、面接官からは好印象にうつり、他の未経験での転職希望者と比べても有利になる可能性があります。こうしたことから、何もアピールできるものがない未経験者ほど、資格は必要であると言えるでしょう。

経験者は資格よりも実績が重視される

経験者として転職を希望する場合、未経験者ほど資格が有利に働くことはありません。先述したとおり、IT業界の転職では実績やスキル、キャリアが重視されており、経験者であればこれらを重点的に見られるでしょう。

そのため、資格を保有しているかどうかよりも、実績から自社に利益をもたらす人材かどうかが判断されます。経験者としての転職では、自分が企業の業務内容に適した実績を示せるかどうかを注意しましょう。

もし、これまでのキャリアで実績を示せない場合、転職活動の前にあらかじめ成果物を作成しておくと、アピールポイントとして活用できます。

IT業界の転職で資格を取得する3つのメリット

IT業界で転職する際、資格を取得しておくメリットとして以下の3つが挙げられます。

  • 未経験者でも一定のスキルを証明できる
  • 実績のない分野でもスキルを証明できる
  • 資格手当がもらえる可能性がある

それぞれ具体的に見ていきましょう。

未経験者でも一定のスキルを証明できる

IT企業では業務に必要なプログラミング言語やWeb、クラウドといったIT関連の深い知識などが幅広く要求されます。いくらIT業界が人材不足といえど、全てを0から教育するのは企業にとっても大きな負担となります。

そのため、企業の業務内容に適した資格を取得していると、必要な知識をある程度持っていることの証明となり、企業の負担を削減することになるのです。特に資格の中でも国が認めた国家資格であれば、資格自体の信頼性に疑いようもありません。

実績や実務経験のない未経験の転職者にとっては大きなメリットとなるでしょう。

実績のない分野でもスキルを証明できる

IT業界自体は経験したことがあっても、異業種への転職だったり、扱うプログラミング言語や担当する業務範囲が異なると、実績のない転職者として扱われてしまい、未経験者との差が小さくなります。こうした場合でも、適した資格を取得しておくことで、必要な知識を会得している証明となるため、転職活動にて有利に働きます。

また、過去の経歴や実務経験から「全体の構造を理解した業務を行える」「他の業務範囲も自分が担当できる」などの主張ができれば、大きなアピールポイントとなるでしょう。

資格手当が貰える可能性がある

資格を取得しておいて役に立つのは、転職活動の時だけではありません。企業によっては特定の資格の取得を資格手当の対象としていたり、役職昇級の条件としている場合があります。

そのため、対象となっている資格をあらかじめ取得しておけば、基本給の他に資格手当も受け取ることが可能です。特に資格手当に限っては求人募集に記載されている場合も多いため、あらかじめ確認しておきましょう。

また、資格手当として定めているということは、実務においても必要となる場面があるということにほかなりません。資格の知識を会得しておくと、それだけで役に立つ場面も多くなるため、余裕があれば取得するようにしましょう。

転職におすすめのIT資格5選

IT業界での転職にあたって資格が有利に働くことを理解いただけたでしょうか。以下ではおすすめのIT資格を5つ紹介していきます。

基本情報技術者(FE)

基本情報技術者とは、IT関連の基礎知識を身につけていることを証明する資格であり、業務において上司の指導が理解できる状態を目指しています。IT関連資格の中でも最も有名な資格であることからも認知度が高く、面接官がIT系の知識に疎い人事部の方であっても、一定の評価を得られるでしょう。

試験ではシステム構築やネットワーク、セキュリティなどのITに関する基礎知識が問われるのが特徴です。

必要な勉強時間は何の予備知識がない場合で200時間弱と言われていますが、学生時代にIT系を先行していた方や、すでにエンジニアとして活躍している方であれば、1週間程度でも取得できると言われています。

合格率に関してもここ数年間は50%弱と非常に高くなっています。

年度 受験者数 合格者数 合格率
2021年 32,549 13,544 41.6%
2020年 52,993 25,499 48.1%
2019年 66,870 19,069 28.5%

しかし、難化した年では合格率が20%近くまで落ち込んでいるため、油断することなく挑むのが良いでしょう。IT業界で働く人の中には「基本情報技術試験は必要ない」と主張する方もいます。

しかし、多くの日系IT企業では基本情報技術者試験(もしくはより上位の資格)を資格手当の対象、または役職昇級の条件にしており、取得しておく方が無難と言えるでしょう。

※出典:独立行政法人 情報処理推進機構「基本情報技術者試験(FE)
※出典:IPA「情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験 推移表(平成21年度春季以降)

応用情報技術者(AP)

応用情報技術者はITパスポート試験や基本情報技術者試験などの上位に位置する資格であり、出題範囲も基本情報技術者試験に似ています。とはいえ、特別な受験資格はないため、下位資格に位置する基本情報技術者試験を持っていなくとも受験できます。

上位資格ということもあり、転職の際には応用技術者の資格を保有している方が、面接官からの印象は良いでしょう。試験内容に関しても難易度が高くなっているからか、合格率も例年20%程度です。

年度 受験者数 合格者数 合格率
2021年 26,185 6,287 24.0%
2020年 29,024 6,807 23.5%
2019年 32,845 7,555 23.0%

また、応用情報技術者を取得しておくと、さらなる上位資格の資格試験を受ける際に、一部の試験を免除されるという優遇措置を受けられます。

後述する「ネットワークスペシャリスト」「エンベデッドシステムスペシャリスト」「データベーススペシャリスト」などのIPAが定めたスペシャリスト系の資格試験には、共通して午前Ⅰ試験が定められています。

応用情報技術者を取得しており、2年以内にこれらの試験に受験した場合、この午前Ⅰ試験が免除されるため、将来的なことを考慮しても取得しておくのが良いでしょう。

※出典:独立行政法人 情報処理推進機構「応用情報技術者(AP)
※出典:IPA「情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験 推移表(平成21年度春季以降)

ネットワークスペシャリスト(NW)

ネットワークスペシャリストとは、応用情報技術者の上位資格に位置するネットワークに特化した資格です。ネットワークエンジニアやクラウドエンジニアなどネットワークに関する知識が求められる職種を目指す人や、その職種で昇級を目指す人にオススメになります。

スペシャリスト系の資格ということもあいまって試験内容も難しく、合格率は例年10%前半と非常に低くなっています。

年度 受験者数 合格者数 合格率
2021年 8,420 1,077 12.8%
2019年 11,882 1,707 14.4%
2018年 12,322 1,893 15.4%

スペシャリスト系の資格を受けるほどなので、受験者もある程度の実務経験や知識を持っているエンジニアであることを考慮すると、その難易度の高さがうかがえます。ネットワークスペシャリスト試験に挑む場合は、日ごろから”通信”に関する知識を蓄えながら勉強するのが良いでしょう。

もし、独学が難しければ、対策講座の受講も考慮してみましょう。一つの分野に特化した資格のため、基本情報技術者や応用情報技術者のように、IT人材なら誰でも取得しておくと良いというわけではありません。

エンジニアとして経験と実務を積み、自分の勉強したい分野ややりたい仕事がある程度定まった人は、資格の取得を検討してみましょう。

※出典:独立行政法人 情報処理推進機構「ネットワークスペシャリスト試験(NW)
※出典:IPA「情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験 推移表(平成21年度春季以降)

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES)

そもそも、エンベデッドシステムとは私たちが利用している家電や車などの機器に直接プログラムが組み込まれているシステムです。これらを開発する職種はエンベデッドエンジニアや組み込みエンジニアなどと呼ばれています。

エンベデッドシステムスペシャリストはその名の通り、エンベデッドシステムに関する豊富な知識が求められる資格と言えるでしょう。エンベデッドシステム自体は電化製品やハードウェアの登場に伴い、古くから活用されてきましたが、近年はIoT(Internet of Things)分野の流行に応じて、再び注目され始めています。

エンベデッドエンジニアは業務の成果が実物の形になる、IT系の中でもやや特殊な職種です。IT業界の中でもIoTの分野や電化製品に興味がある人は取得を検討すると良いでしょう。

合格率は例年20%弱とネットワークスペシャリストと比較するとやや高く感じますが、一般的な資格試験と比較するとやはり難易度の高い試験になっています。

年度 受験者数 合格者数 合格率
2021年 2,185 400 18.3%
2020年 1,962 321 16.4%
2019年 3,653 585 16.0%

しかし、受験者数が他の資格に比べても極端に少ないため、この資格を取得すれば他の転職者と大きく差をつけることができるでしょう

※出典:独立行政法人 情報処理推進機構「エンベデッドシステムスペシャリスト(ES)
※出典:IPA「情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験 推移表(平成21年度春季以降)

データベーススペシャリスト(DB)

データベーススペシャリストとはその名の通り、データベースに関する専門知識を有した人材を指し、これを活用してシステムの企画や開発、運用などを行う技術者です。顧客管理やマーケティングにおいて企業が自社で保有している膨大なデータはビッグデータと呼ばれその重要性が高まっており、有効に活用できるスペシャリストの需要も高まっています。

現在では世界中でビッグデータの活用が注目されており、総務省が公表した「令和2年版情報通信白書」によると、データ活用の効果に対して「経営企画・組織改革」「マーケティング」など様々な分野で60%以上の企業が「効果があった」と回答しています。

このように、ビッグデータを活用することの効果からも重要性が見て取れますが、多くの企業ではデータ分析を専門にしている人材を担当者にできていません。

実際、データスペシャリストの試験の受験者数、合格者数はともに毎年少なく、多くの企業では分析の体制が整っていないのです。

年度 受験者数 合格者数 合格率
2021年 7,409 1,268 17.1%
2020年 6,536 1,031 15.8%
2019年 11,066 1,591 14.4%

そのため、データスペシャリストの資格を取得できれば、転職活動に役立つだけでなく、実務においても非常に重宝される人材となれるでしょう。

※出典:総務省「令和2年版情報通信白書
※出典:独立行政法人 情報処理推進機構「データベーススペシャリスト試験(DB)
※出典:IPA「情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験 推移表(平成21年度春季以降)

IT業界の転職で資格をアピールする方法

最後にIT業界での転職で資格をアピールする方法を紹介していきます。

資格を取得した目的や背景を明確にする

いくら資格を取得していたとしても、数年の実務経験を積んだ経験者と比べられると、即戦力という基準ではかないません。そこで、面接の際には、資格がどのような業務に生かせるのかということだけでなく、より具体的な目的や背景も話せるようにしておきましょう。

これは将来的なキャリアプランを自分なりに考えておき、そのために資格が必要であったと説明するのがオススメです。これにより、企業側は中・長期的にどのような姿勢で業務に励むのかを連想することができ、より長い目線で採用を考慮してくれます。

具体的な目的や背景などを説明すれば、企業側も逆算して長期的な比較を行えるため、十分なアピールとなるでしょう。

資格を取得する過程や計画性もアピールする

紹介してきたとおり、スペシャリスト系の資格は合格率も低く、取得するのが困難なものばかりです。それを普段の業務を行いながら、どのように時間を確保し、効率的に勉強してきたのかを説明することで、IT人材に求められるスキルだけでなくビジネスマンとしての本質的なスキルをアピールできます。

もし、転職の際に自分のスキルレベルが企業の求める段階に達していたなかったとしても、入社後にどのような工夫をして後れを取り戻していくのかを力説できれば、資格に裏打ちされた計画性、実行力と合わせて好印象につながるでしょう。

企業が求める人材に適してアピールする

企業の公式サイトや企業幹部が運用しているSNS、講演会などから独自の求める人材像を調査し、自分はそこに適しているとアピールするのも良いでしょう。こうしたアピールは実務として役に立つかどうかという視点だけでなく、どれだけリサーチを行ってきたのかという部分でも評価につながるため、未経験者、経験者問わず有効です。

「検索しても情報が少ない」「アピールポイントの作り方がわからない」という方は転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用すると、企業が求める人物像や企業の実態を理解した上でアドバイスがもらえるため、選考を有利に進めることができます。

 

資格をうまく活用して、転職を成功させよう

IT業界への転職の際、企業は転職希望者の実績やスキル、キャリアを重点的に確認します。これは企業も即戦力を求める傾向にあるからであり、未経験者であるほど厳しく見られるということに他なりません。

しかし、IT系の資格を取得しておけば、たとえ未経験であってもアピールポイントを獲得できます。また、将来的なキャリアプランや目的も合わせて説明できれば、十分な好印象を与えられるでしょう。

これはIT業界は経験していても、異業種への転職を考えている方でも有効であり、他の転職希望者と差をつける重要なポイントです。

IT業界へ転職を考えている方、IT業界でも異業種に挑戦しようとしている方は、ぜひIT系資格の取得を考えてみてはいかがでしょうか。地方転職に特化した転職エージェント「ヒューレックス」には、IT業界の求人が多くあるので興味がある方はぜひ登録してください。無料相談

サービス詳細を見る  

この記事の監修

神谷 貴宏

愛知県出身。大手証券会社、半導体商社の営業を経て、総合人材サービス会社へ入社。 仙台支店での勤務後、大型派遣案件の企画から運用に従事。その後、会社の中核を担う“正社員”のサポートに携わりたいという思いが強くなり、ヒューレックスの設立に参画する。 17年余りにわたるコンサルタントの経験の中で3,000名を超える方々をサポート。個々人の”キャリア”だけでなく”価値観”を大切にしている。

コンサルタント詳細を見る
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

この記事に関連する求人

  • 不動産・建設系

    刈谷市(愛知) 社内SE・建築不動産グループ/◎土日休み◎転勤なし◎福利厚生充実

    想定年収
    400~650万円
    勤務地
    愛知県

    社内業務全般に携わっていただきます。 【具体的には…】 ・社内各部門からの要件ヒアリング ・社内の業務フロー分析・システム化の要件定義 ・開発方法の選定 ・外部ベンダーへの発注・管理 ・自社開発の手...

  • 不動産・建設系

    郡山市(福島) 自社システムの開発エンジニア(福利厚生や手当充実)・建設コンサルタント企業(福島No.1の働きやすさを目指す会社)/◎完全週休2日制

    想定年収
    400~600万円
    勤務地
    福島県

    同社の情報システム部門で、システムエンジニアとしてシステム開発に携わっていただきます。 【具体的には…】 ■システム開発 ・WebGIS・タブレットアプリ・Webアプリ・その他システムの開発 ■デー...

  • IT・通信・インターネット系

    仙台市(宮城) システムエンジニア・システムインテグレーション業務/◎東証プライム市場上場◎年間休日120日以上

    想定年収
    400~900万円
    勤務地
    宮城県

    東北地方のお客様に対して、ネットワーク・システムインテグレーションを手掛けていただきます。 【具体的には…】 ・NI/SI案件のリーダーとして、提案、要件定義、設計、構築、運用に関わる一環したインテ...

  • IT・通信・インターネット系

    盛岡市(岩手) システムエンジニア・世界有数ビックデータDBシステムの開発、自動化推進/◎地図プラットフォーマー◎年間休日125日◎有休取得率80%◎リモート応相談

    想定年収
    500~800万円
    勤務地
    岩手県

    世界有数のプラットフォーマー(地図/位置/人流/走行データや画像等)である当社にて、国内最大級の空間情報データベース『SiNDY』を活用した地図編集システム開発プロジェクトの上流から下流工程までリード...

  • IT・通信・インターネット系

    盛岡市(岩手) SE(データベース開発)・世界有数ビックデータDBシステムの開発、自動化推進/◎地図系プラットフォーマー◎年休125日◎有休最大50日・取得率80%◎リモート応相談

    想定年収
    600~800万円
    勤務地
    岩手県

    これまでの経験や志向性を加味した上で下記の業務の何れかをご担当頂きます。 【具体的には・・・】 ・地図データ編集整備向けDBの設計/開発/導入/運用管理 ・整備データ格納用スキーマの設計 ・新規コン...

  • 金融・保険系

    熊本市(熊本)広報、IR・大手金融機関/◎プライム上場◎年収1,000万も目指せる◎福利厚生充実◎安定企業

    想定年収
    500~1000万円
    勤務地
    熊本県

    事業企業広報・社内広報・採用広報と幅広い業務に携わって頂きます。また、社員、メディア、株主・投資家、行政、取引先など幅広いステークホルダーに対する広報業務に携わって頂きます。 【具体的には…】 ・S...

IT企業 コラム一覧

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)
年収交渉・待遇交渉は転職エージェントが行います
年収交渉・待遇交渉は転職エージェントが行います