沖縄県で働くにはどうしたら?仕事探しのコツと転職者の体験談

毎年行われる「都道府県の魅力ランキング」の上位常連である沖縄県。全長約1,200kmの本島は青い海に囲まれていて、島全体にリゾート地らしいゆったりとした雰囲気があふれています。首里城や美ら海水族館などの観光地や宿泊地が充実していて、観光業が発展しているイメージがありますが、実際にはさまざまな業種の企業が存在しています。
そんな沖縄県で働くときには、まず本州との違いを知っておきたいもの。今回は沖縄県の物価や年収事情、また実際に沖縄県で働いている人の生の声をお届けします。沖縄県で転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

沖縄県で働く前に知っておきたいポイント

沖縄県に移住して仕事探しをするときにまず気になるのは、物価や年収などお金に関する事情ではないでしょうか。ここでは物価や家賃の相場、また求人が充実している県内の業種を紹介します。

沖縄県の物価は本州とほぼ同程度

沖縄県の消費者物価指数の推移比較

画像引用:「消費者物価指数|沖縄県

毎月沖縄県庁が発表している「消費者物価指数」を見ると、沖縄県の総合物価指数は全国平均より気持ち高め、那覇市単独で見るとほぼ全国水準と同じであることがわかります。
沖縄県には石垣島や宮古島などの離島も多く、本州で製造された商品を取り寄せる際に輸送料が高くつくことから、物価が上昇することがあるようです。特に寒冷地でしか育たない野菜や果物などは、平均より高値になることも。

ここ数年の沖縄県の物価総合指数の推移に着目すると、平成27年を100とした場合、令和2年11月は101.3で緩やかに上昇していることがわかっています。

1K・1DKの家賃相場は5万円前後

賃貸スタイルが毎月公開している全国の家賃相場を見ると、沖縄県の1K・1DK賃貸物件の相場は約5万円。県庁所在地である那覇市や豊見城市、浦添市は相場が高めで6万円近い物件もあります。
反対に南部に位置する名護市や石垣島内の石垣市は相場が安めで、4万円前後で借りられる物件も少なくありません。

沖縄県の平均年収は約270万円

令和2年10月分の「勤労統計調査結果」をもとに計算すると、従業員5名以上の企業の沖縄県の平均年収は約270万円全国平均の約331万円と比較するとかなりの差があるように感じます。

しかし、全国平均年収は前年度と比較すると微減しているにも関わらず、沖縄県は前年比較で4%も上昇しています。従業員30名以上の沖縄県企業の平均年収は約294万円であることから、仕事探しをするときには中規模以上の企業が狙い目と言えます。

沖縄県で盛んな仕事はサービス業など第三産業

沖縄県産業のうちわけ

画像引用:「産業のうちわけ|沖縄県

円グラフからわかる通り、沖縄県の産業の80%以上はサービス業などの第三次産業が占めています。代表的なものが観光業で、年々国内外からの観光客は増加しています。また、最近はIT企業も進出していて、プログラマーやエンジニアの求人が充実しているのが特徴です。反対に本州と比較すると飛行機や船を使って商品を輸送しなければならない沖縄県は輸送コストが発生するため、メーカーの数が控えめになっています。

沖縄県で働くには?

沖縄県で働くには、これまで紹介した生活・年収情を理解し、自分がどのような生活を送りたいのかを考える必要があります。しかし、理想の生活を描けたとしても、選んだ仕事によっては叶えられないことも。自分が思い描いた理想を叶えるためには、仕事探しの方法が重要になってきます。どのような仕事の探し方があるのでしょうか。

ハローワークを利用する

沖縄県内には那覇市や浦添市、糸満市、名護市、また石垣島などいたるところにハローワークが存在します。実際に足を伸ばして担当職員から求人を紹介してもらうことができますし、ハローワークのWebサイトから求人検索も可能です。職員による面接指導や職業訓練を受けられるところはハローワークのメリットですが、同じ求人が長期間掲載されていることも。伸び盛りの新興企業を見つけるにはやや不向きかもしれません。また、ハローワークの掲載料は無料のため、採用意欲の低い求人をいつまで掲載し続けている企業、いわゆるカラ求人もあるので要注意です。

企業の公式サイトから応募する

気になっている企業があれば、その企業のホームページから直接応募してみるのもひとつの手です。人事担当者と直接やりとりができて、スムーズに選考が進む可能性があります。しかし、応募受付をリクナビ、マイナビなどの外部業者に完全委託していて、応募できても連絡が来なかったりすることも。また、複数の企業に応募する場合、多くの人とのやりとりが発生して転職活動が煩雑になりがちです。

求人サイトを利用する

インターネット上から気軽に登録、求人検索、応募ができる求人サイトは非常に心強い存在です。複数の求人サイトを利用すると、さまざまな業種の求人を見つけられます。とにかくたくさんの求人に目を通したいという方にはおすすめですが、情報がありすぎてどこを選べばいいのかわからなくなってしまうことも。じっくり自分に合った企業を選びたいという方が求人サイトを使うと、かえって非効率になってしまうかもしれません。書類や面接の指導を受けられない点もデメリットのひとつです。

転職エージェントを利用する

専門の転職コンサルタントがついて、求人紹介から応募、条件交渉までを行ってくれる転職エージェントの利用は転職希望者から人気が高い方法です。書類添削や面接指導も行ってくれるため、初めて転職する方も安心して進められます。しかし、転職エージェントの質はピンキリで、転職市場や地域の情報に疎いコンサルタントに当たってしまうと、有益な情報を得られないことも。そのため、転職エージェントは慎重に選ぶことをおすすめします。

ヒューレックスには経験豊富な転職コンサルタントが多数在籍していて、良きパートナーとして転職活動を進められます。一般には公開されていない求人情報も豊富で、魅力的な求人を見つけられるかもしれません。

 

沖縄県で働くのは実際どう?沖縄で働く人の体験談

実際に沖縄県で働いている人の声は、転職活動をするときの参考になってくれるものです。よく聞かれる声を紹介します。

体験談①「のびのびと働ける」

「これまで東京で働いていましたが、満員電車に嫌気がさして憧れのあった沖縄県でに職・移住しました。程よい規模の会社でのびのびと働けているので、ストレスがかなり減ったと思います。休日は海を眺めながら読書ができて、とても幸せな気分です。」

体験談②「ワクワクした仕事ができる」

「沖縄県の魅力をアピールできる仕事に就きたいと考えていました。最初は観光業に就きたいと思っていましたが、観光系のWebサイトを制作している企業に魅力を感じて入社しました。沖縄県はITが遅れているイメージを勝手に持っていましたが、最新システムを積極的に取り入れていたので驚きましたね。自分がやりたかった仕事に携わることができて、毎日生き生きと働けています。」

体験談③「意外とお金はかかるかも」

「賃金が低くても物価が安いから大丈夫だろうと思って沖縄県で転職をしましたが、意外と物価が高いことに気づきました。さらに沖縄県は車がないと生活できず、維持費が結構かかります。飲み会好きな人も多くて、出費が多いのは少し大変ですね。」

沖縄県のおすすめの仕事を紹介

沖縄県と言えばまず観光業が有名ですが、他にもさまざまな企業が存在します。沖縄県で転職を考えている方におすすめの3業種と求人情報をピックアップして紹介します。

観光サービス業

沖縄県内で医療・福祉に次ぎ、2番目に求人数が多いのが観光サービス業です(2020年11月現在)。観光業と言っても旅行会社や観光施設、土産物店など多岐にわたりますが、そのなかでも建設ラッシュが進む県内の大型リゾートホテルは求人が充実していて狙い目です。全国展開している大手のホテルは給与形態や福利厚生がしっかりしている傾向にあります。

沖縄県の観光サービス業おすすめ求人

  • 総合旅行会社で「好きを仕事に!」/◎海外出張有◎フレックス勤務◎女性社員5割以上
    職種:ツアープランナー(海外旅行企画)
    勤務地:沖縄県那覇市
    想定年収:~ 520万円
    雇用形態:正社員

この求人を詳しく見る

IT企業

IT企業と言えば東京のイメージが根強くありますが、沖縄県には創業20年を超える大手や新進気鋭のベンチャー企業まで幅広く存在しています。自治体と連携して沖縄県の魅力をPRしているIT企業では、安定した雇用を期待できます。

沖縄県のIT企業おすすめ求人

  • ◎年間休日120日以上◎スタートアップメンバー
    職種:プロジェクトマネージャー※次期CIO候補・ネットワークインテグレーター
    勤務地:沖縄県南城市
    想定年収:450万円 ~ 600万円
    雇用形態:正社員

この求人を詳しく見る

  • 上場IT企業のグループ会社/◎研修体制充実◎残業少なめ◎福利厚生充実◎年間休日120日以上
    職種:システムエンジニア
    勤務地:沖縄県那覇市
    想定年収:450万円 ~ 550万円
    雇用形態:正社員

この求人を詳しく見る

  • ソフトウェア開発IT企業/◎沖縄発IT企業◎業績好調で増員中!◎土日祝休
    職種:プロジェクトマネージャー及びシステムエンジニア
    勤務地:沖縄県宜野湾市
    想定年収:~ 600万円
    雇用形態:正社員

この求人を詳しく見る

 

沖縄県のIT企業について詳しく知りたい方は→「沖縄県のおすすめIT企業10選!気になる平均年収はどのくらい?

金融業

銀行、保険、信販など、大手の金融機関のほとんどは沖縄に支店や営業所を展開しています。また、琉球銀行など地方銀行も各地に見られ、中途採用を募集しているところも少なくありません。金融機関は年収が水準よりも高い傾向にあるため、キャリアアップを狙いたい人におすすめです。

沖縄県の金融業おすすめ求人

  • コンサル業・外資系の大手生命保険会社/◎代理店への提案営業◎個人に対する保険勧誘なし◎未経験可
    職種: 代理店サポート
    勤務地:沖縄県那覇市
    想定年収:528万円 ~ 660万円
    雇用形態:正社員

この求人を詳しく見る

  • 地元地方銀行/◎東証1部上場企業◎経験者優遇◎福利厚生充実
    職種:業務監査リーダー候補
    勤務地:沖縄県那覇市
    想定年収:500万円 ~ 800万円
    雇用形態:正社員

この求人を詳しく見る

 

沖縄県で仕事探しをするなら転職エージェントを利用しよう

沖縄県は年収は全国平均と比較するとやや低いものの、さまざまな業種の求人が充実していることがわかりました。最新技術を取り入れているIT企業など、魅力的な求人も少なくないようです。都会の喧騒から離れて、ゆったりとした生活を送りたいと考えている人には沖縄県の転職活動が合っているかもしれません。

しかし、転職先を誤ると思うような年収を得られなかったり、理想的なライフスタイルを叶えられなかったりすることも。

そのようなことがないように、転職活動をする際には、地元情報を熟知している転職エージェントに依頼してみてはいかがでしょうか。ヒューレックスは沖縄県の地元企業や銀行とも強い信頼関係を築いていて、皆様の希望に沿った転職情報を提供しています。沖縄県企業への転職や移住をお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

この記事の監修

黒石 泰平

福岡・沖縄エリア担当。大学卒業後、SIer及びNIerにてITソリューションセールスを経験し、その後、大手人材サービス企業に転職。2009年5月から、一貫して企業・求職者の両面をトータルに支援する人材紹介のコンサルタントを歴任。これまで転職を支援してきた求職者は2,000人以上で、業種/職種問わず、ジュニアクラスからエグゼクティブ層まで幅広い。中小企業のビジネスを支える人材採用支援事業、地方創生に強い関心を寄せ、2020年7月からヒューレックスに参画。

コンサルタント詳細を見る

転職のアドバイスを無料で受けてみませんか?

理想のキャリアを歩んでいただくための
転職活動を全力サポート。
キャリアカウンセリングから書類添削、
応募企業ごとの面接対策まで
プロの目線で転職に役立つ情報をお伝えします。

求人探しにお困りの方へ

地域密着型の転職支援会社だからこそ、
地元優良企業の求人が多数ございます。
他社転職サイトでは取り扱っていない
好条件求人が見つかります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

沖縄 コラム一覧

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)