静岡県への移住・仕事探しの秘訣を紹介|移住前に静岡県の住み心地や転職市場をチェック!

富士山の絶景が観られることで有名な静岡県は、豊かな自然に囲まれ農業、酪農業などの産業が活発に行われています。NPO法人「ふるさと回帰支援センター」が調査した2020年都道府県別移住希望地ランキングでは、1位を獲得しています。首都圏から近い場所でのんびりとした生活がしたいと考えている方におすすめしたい地域です。
そこで本記事では、静岡県への移住・転職を検討している方向けに、転職市場や住環境などを詳しく解説します。地元の転職エージェントだからこそわかる地域に特化した情報が盛りだくさんですので、ぜひ参考にしてみてください。

静岡県の特徴は?物価や気候などの気になるポイントを解説

静岡県に限らず、移住や転職で県外に住居を移す際は、移住先の情報をしっかりとリサーチしておくことが大切です。物価が高い地域に移住した場合は、今後のライフプランを練り直す必要がありますし、移住先が真逆の気候だった場合、今までの暮らし方暮らし方を変える必要もあるでしょう。

移住したあとの悩み事をを少なくするためには、事前の情報収集が非常に大切です。

静岡県の気候は暖かく雨が降りやすい

静岡県は、暖かく雨が降りやすいという特徴があります。太平洋に面した地域であるため、南からの湿った暖かい空気が流れ込みやすく、その空気が上空で冷やされることによって、雨雲になり雨が降りやすくなるのです。

■2020年 静岡県 気象データ

平均気温(℃) 平均湿度(%) 降水量(mm)
1月 9.4℃ 65% 112.0mm
2月 9.4℃ 61% 103.0mm
3月 12.2℃ 65% 256.0mm
4月 14.6℃ 61% 248.5mm
5月 20.3℃ 73% 122.0mm
6月 24.1℃ 79% 372.0mm
7月 25.2℃ 88% 818.0mm
8月 29.2℃ 77% 59.0mm
9月 25.7℃ 77% 281.5mm
10月 19.0℃ 73% 204.0mm
11月 15.6℃ 68% 25.5mm
12月 9.4℃ 60% 12.0mm

引用:気象庁公式ホームページ|過去の気象データ|静岡県2020年月ごとの値

■2020年 都道府県別 平均気温/降水量

都市 平均気温(℃) 降水量(mm)
静岡県 17.8℃ 2613.5mm
山梨県 15.9℃ 1431.0mm
長野県 13.1℃ 1066.5mm
神奈川県 17.0℃ 1687.5mm

引用:気象庁公式|過去の気象データ|都道府県・地方の選択

暖かく過ごしやすい気候は、静岡県へ移住する際の大きなメリットです。

静岡県の物価は全国的に平均値、家賃は高め

静岡県の物価は高くもなく安くもない平均値でで、家賃は全国平均よりも高いということがわかりました。「2019年度総務省小売物価統計調査(構造編)」のデータによると、静岡県の物価は全国 29位とちょうど中間に位置し、「2018年度総務省住宅及び世帯に関する基本集計(確報値)」のデータによると、1ヶ月当たりの平均家賃は50,038円と全国で9番目に高いということがわかりました。

ただし、家賃の全国平均が55,695円なので、東京都の平均家賃である81,001円に比べると安い傾向にあります。したがって、物価、家賃ともに高くはなく、経済的には安定しやすい地域と言えるでしょう。

静岡県の通勤時間は全国で25番目に長い

静岡県の通勤・通学にかかっている時間は、平均59分で全国では25番目ということが総務省の「社会生活基本調査47都道府県ランキング」でわかりました。

静岡県は、コロナウィルスによる新しい生活様式を踏まえ、国土交通省が展開している「自転車通勤推進宣言プロジェクト」に参加しており、通勤手段を公共交通機関から自転車へ切り替えるという取り組みを積極的に行っています。静岡県は車の往来が少なく、騒音や環境にも配慮し住みやすい環境作りを目指しています。

静岡県は子育てがしやすく、支援も充実している

静岡県は、地域全体で子育てを支援するいろいろな取り組みを行っています。「子育てが大切にされる社会づくり」というビジョンを掲げ、下記のような施策を進めています。

  • 保育サービスと地域の子育て支援
  • 静岡こども救急電話相談
  • しずおか子育て優待カード
  • 子育てに関する電話相談
  • 少子化対策
  • 児童虐待の通告制度

 

例えば、子育てをしている方が飲食店やスーパーなどの施設で優待を受けられるシステムや、子育てがしやすいような職場環境づくりにも積極的に取り組んでいます。

静岡県の子育てに関する詳しい情報は、「静岡県子ども・子育てページ」からご確認ください。

静岡県の転職市場

静岡県は物価、家賃も安く子育て支援も充実していて住みやすい地域ですが、移住先を探す際は、同時に転職先も探さなくてはいけません。

地域によって募集の多い職種や栄えている産業が違うため、あらかじめ自分に合った転職先があるのかということをしっかりとリサーチしておく必要があります。

移住先の住環境ももちろん大切ですが、同じくらい大切な静岡県の「仕事」に関する情報を詳しく見ていきましょう。

静岡県の平均年収は469.0万円で全国16位

厚生労働省が発表している「2019年賃金構造基本統計調査」によると、静岡県の平均年収は469.0万円で全国16位であることがわかりました。また、静岡県の地域別所得をみると、長泉町の所得が383.2万円と1番高くなっています。

静岡県では、全国シェア100%のピアノを始めとする製造業や、お茶、温州みかんなどの農産物といった産業が盛んに行われています。

静岡県の物価・家賃相場が比較的安いことを考えると、平均年収が全国的に高いのは、大きな魅力と言えそうです。

静岡県の平均年収について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
>>【最新版】静岡県の平均年収を性別・年齢別にご紹介!高収入企業TOP10

静岡県の有効求人倍率は1.04倍

静岡労働局が発表した2020年度の静岡県の有効求人倍率は1.04倍で、全国平均の1.06倍と比べると若干低いことがわかりました。

コロナウィルスの影響で全国的に求人倍率が下がっており、静岡県も同じように下がっています。

静岡県の求人の特徴(ヒューレックス調べ)

静岡県の転職市場は「サービス」「福祉関連」の有効求人数に対して有効求職者数の数が少ないため、これらの職種は人手不足に陥っています。これらの業務経験がある方は、静岡県での転職を有利に進めることができるかもしれません。

また、産業別の就業者人数を見ると「製造業」が1番多く、次いで「卸売業、小売業」が多くなっています。

静岡県の転職エージェント「ヒューレックス」に掲載されている求人情報をもとに、静岡県の求人の特徴を見ていきましょう。

静岡県は技術系、営業系の職種が多い

ヒューレックスの調査によると、静岡県は「技術職」「営業職」の求人が多いという傾向が見られました。

そのなかでも特に「電気」「電子」「機械」のメーカー企業の求人が多いようです。静岡県には、自動車や機械の製造業が盛んに行われており、軽自動車メーカーの「スズキ株式会社」やピアノや音楽機器メーカーの「ヤマハ株式会社」など、世界的にも有名な企業があります。

いずれも本社が静岡県にあるため、大手企業に就職したい方や安定した企業に勤めたい方は、「電気」「電子」「機械」の製造メーカー企業への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

静岡県の詳しい求人情報が知りたい方は、ヒューレックスが取り扱っている「静岡県の求人」からご覧ください。

静岡県の求人は静岡市、浜松市に集中している

静岡県求人は、静岡市、浜松市に集中しています。県内総人口と求人数が比例しており、総人口1位は浜松市、2位は静岡市となっています。

日本を代表する製造メーカーである「スズキ株式会社」「ヤマハ株式会社」の本社も浜松市にあり、こういった企業に勤める方も多くいると予想できます。

静岡県で高年収を狙うなら、IT・商社・流通系

静岡県で高収入を狙うのであれば「IT系」「金融・保険系」「不動産・建設系」がおすすめです。これらの業種は静岡県内の他業種と比べて年収が高い傾向にあります。今までの経験を踏まえて、高年収の企業への転職にチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。

静岡県に転職・移住するメリット

静岡県に転職・移住する際のメリットは数多くありますが、そのなかでも特に魅力的な3つのポイントを紹介します。

  1. 過ごしやすい気候と自然豊かな土地で子育てができる
  2. 関東・関西などの首都圏へアクセスしやすい
  3. 日本を代表する大手製造メーカーへの転職を狙える

 

それぞれのメリットを1つずつみていきましょう。

メリット①過ごしやすい気候と自然豊かな土地で子育てができる

静岡県は、1年を通して温暖な過ごしやすい気候が特徴的で、豊かな自然を感じながら生活を送ることができます。子育てをする環境としても適しており、首都圏と比べ、のんびりとストレスを感じることも少なく子どもの成長を見守ることがもできるでしょう。

メリット②関東・関西などの首都圏へアクセスしやすい

静岡県が住みたい都道府県ランキング1位を獲得した大きな要因は、首都圏へアクセスしやすく、田舎特有の雰囲気を楽しめる点です。

静岡県は、愛知県、神奈川県、東京都、大阪府といった首都圏の真ん中に位置しているため、都会から田舎へ移住したいと考えている方にとって最適な位置関係となっています。

都会、田舎のメリットを気軽に楽しむことができるのは、静岡県ならではの魅力です。

メリット③日本を代表する大手製造メーカーを中心とした製造業への転職が狙える

静岡県には「スズキ株式会社」や「ヤマハ株式会社」といった日本が誇る大手製造メーカーの本社があります。大手メーカーを中心とした製造業の仕事は、静岡県の産業全体の26%を占めており、求人も多く存在しています。したがって、製造業の経験がある方は、特に転職のチャンスが広がるでしょう。

静岡県の詳しい求人情報が知りたい方は、ヒューレックスが取り扱っている「静岡県の求人」からご覧ください。

静岡県に転職・移住するデメリット

多くのメリットがある静岡県ですが、少なからずデメリットも存在します。快適な生活を送るためにも、下記の2点は抑えておくとよいでしょう。

  1. 雨が降りやすい
  2. 家賃が高い

 

デメリットをしっかり把握し、移住、転生を検討してみてください。

デメリット①雨が降りやすい

静岡県は、全国的にみても雨が降りやすい地域で、梅雨の時期である7月は特に降水量が多くなります。近隣の山梨県や長野県と比べると年間約2倍も雨が降るので、前もって雨対策を考えておくと移住後のストレスも少なく済みます。

デメリット②家賃が高い

静岡県の平気家賃は全国的で9番目に高く、家賃の安い地域から移住を考えている方にとっては少し高いと感じるかもしれません。

しかし、全国の平均家賃と比べると、およそ5,000円ほど安いという結果も出ているため、東京都、神奈川県、埼玉県といった家賃の高い場所から移住する方にとっては、安く感じるでしょう。

静岡県への移住・転職を成功させるポイント

静岡県の住環境、転職状況などを踏まえたうえで、移住・転職を成功させるポイントを4つ紹介します。転職活動をスムーズに進める、移住先で快適に過ごすために以下のポイントを抑えておきましょう。

  • 移住する前に内定をもらっておく
  • 転職活動は焦らずじっくりと行う
  • 移住先のリサーチは入念に行う
  • 転職エージェントを利用する

 

それぞれのポイントを詳しく説明していきます。

移住する前に内定をもらっておく

移住をする前に、まだ企業からの内定をもらっていない方は、内定をもらってから移住の準備を進めることが大切です。

移住後に転職活動を始める方もいますが、転職活動中は基本的に収入がない状態になるため、新しい生活を送るうえで大きな不安要素になります。また、移住に関する準備や手続きは非常に体力を使う作業なので、両方を同時にこなすのはとても大変です。

また、 移住を転職活動と並行して進めようとすると、面接の日程と引越し手続きの日程が被ってしまったり、転職先が決まらずいつまで経っても引越し準備が進まなかったりする可能性も十分にあります。

したがって、内定をもらい収入源を確保した状態で、スムーズな移住を行えるようにしましょう。

転職活動は焦らずじっくりと行う

転職活動は、自分が納得できる企業をじっくりとリサーチしましょう。適当に内定をもらった企業に入社してしまうと、思っていた仕事内容と違ったり、ブラック企業を選んでしまったりする可能性があります。

1社にこだわらず、複数の企業を同時に比較することも大切です。自分が働きたいと思う業種を複数社ピックアップし、キャリアアップや年収アップにつながる、働きがいのある企業を比較検討してみてください。

移住先のリサーチは入念に行う

移住先のリサーチを入念に行うことで、移住後のストレスを大幅に減らすことができます。周辺環境や転職先への通勤時間・通勤手段は非常に大切です。

よりよい条件の移住先をリサーチするコツは下記の5つです。

  • 転職先企業への通勤距離が近い場所を選ぶ
  • コンビニやスーパーが近くにある場所を選ぶ
  • 工場や大通り沿いなど騒音の原因になる場所の近くは避ける
  • 都心部までのアクセスがよく、周りが静かな場所を選ぶ
  • 経済状況に合った家賃の物件を選ぶ

 

この先何年、何十年と住むことをイメージしながら引越し先のリサーチを行うことで、移住の成功に近づきます。

転職エージェントを利用する

転職活動を成功させるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。見知らぬ土地での転職活動は体力、時間を大幅に消費します。

転職エージェントを利用することで、専任のキャリアコンサルタントが転職活動における大部分をサポートしてくれるため、転職活動の時間短縮、内定率アップに期待できます。

自分1人での転職活動を不安に感じる方は、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

 

住みたい都道府県ランキング1位の静岡県で快適な生活を

移住先として人気の高い静岡県で、過ごしやすい環境と働きがいのある企業へ転職するために、これらのポイントを抑えておきましょう。

  • 移住する前に内定をもらっておく
  • 転職活動は焦らずじっくりと行う
  • 引越し先のリサーチは入念に行う
  • 転職エージェントを利用する

 

特に、静岡県の地元企業や銀行と連携して転職をサポートしているヒューレックスは、大手転職サイトに掲載されない地元大手企業の非公開求人を紹介可能です。静岡県の特徴を熟知したキャリアコンサルタントが、最適な企業を提案します。

静岡県への移住・転職を検討している方は、ヒューレックスへお気軽にご相談してください。

この記事の監修

赤須 健太

名古屋エリア担当。長野県駒ケ根市出身。大学卒業後に地場証券会社にて個人投資家向けのコンサルタントをしておりました。その後、人材業界やM&Aコンサルタントを経験。M&Aコンサルタント時代に様々な企業の悩みを聞く中で、どこの企業にも共通する悩みは「人」だと感じました。そんな中、ご縁がありヒューレックスに入社しました。

コンサルタント詳細を見る

転職のアドバイスを無料で受けてみませんか?

理想のキャリアを歩んでいただくための
転職活動を全力サポート。
キャリアカウンセリングから書類添削、
応募企業ごとの面接対策まで
プロの目線で転職に役立つ情報をお伝えします。

求人探しにお困りの方へ

地域密着型の転職支援会社だからこそ、
地元優良企業の求人が多数ございます。
他社転職サイトでは取り扱っていない
好条件求人が見つかります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

静岡 コラム一覧

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)