転職エージェントと直接応募はどちらが採用されやすい?理由を解説

「転職エージェント経由と直接応募は、どちらが採用されやすいのだろう?」と悩んでいる方は多いものです。

実際には転職エージェントを通さないほうがいいケースと、通したほうがいいケースがあります。

本記事では「直接応募のほうが採用されやすいのか」や「転職エージェントを経由して応募するメリット」、「転職エージェントで落ちた企業に再応募しても受かるのか」などについて解説します。よりよい転職を叶えるために参考にしてください。

目次

転職エージェント経由より直接応募がいいの?

「転職エージェントを経由するより直接応募のほうが採用されやすい」と言われるときがあります。その情報は正しいのかどうかについて詳しく解説します。

採用コストのかからない直接応募のほうが採用されやすい?

企業にもよりますが、採用コストがかからないからといって直接応募の方が採用されやすいということはありません。企業は、多少コストがかかっても優秀な人材が欲しいからです。

転職エージェントに人材を紹介してもらい採用すると、紹介料を払わなくてはいけません。でも、自社にマッチングする人材を紹介してもらえます。直接応募で採用コストが抑えられたとしても、自社に合っていない人材を雇用して早期離職された場合、再び採用活動をする必要があります。そのため、採用するときにかかる一時的なコストより、自社にあっているハイスキルな人材かどうかのほうが重要視されます。

人事担当者の本音は?
「採用コストがかかってもスキルの高い人材を採用したい」
「早期離職されると費用も教育する手間もかかるので、自社に合った人材へ内定を出す」

直接応募のほうが入社意欲もアピールできる?

直接応募のほうが「入社意欲が高い」と考える人事担当者は存在します。ただ、入社意欲が高いだけでは採用の決定打になりにくいです。応募者の入社意欲より、自社で活躍できるスキルをもっているかどうかが重要だからです。

また、応募者が自社のことをあまり理解できていないと、入社後にミスマッチが起こる可能性も高まります。そのため「業務内容を理解しているか」や「社風と求職者の人柄が合うか」のほうが重要とされることも多いです。

人事担当者の本音は?
「自社サイトから応募してきた求職者のほうが熱意は感じる」
「採用の決定打になるのは求職者のスキルと人柄」

直接応募は書類選考が通りやすい?

書類選考は、直接応募のほうが通りやすいということもありません。むしろ企業によっては、書類選考に手間と時間をかけられないため「○○大学卒以上の学歴」「○○の実務経験が3年以上」などボーダーラインを設けているところもあります。

「学力は高くないけどヒューマンスキルが高い」という方の場合、書類選考だけで落とされてしまう可能性があります。

人事担当者の本音は?
「ほかの仕事も多いので、書類選考に時間はかけられない」
「書類選考は、決められた選考基準と照らし合わせて機械的に判別していく」

転職エージェントを活用するメリット7選

直接応募とは異なる「転職エージェントを活用するメリット」を7つ紹介します。

応募企業のリアルな労働環境を教えてもらえる

まず、応募企業の労働環境について詳しく教えてもらえます。転職エージェントは、職場環境から業務内容、求めるスキル、どんな社員が働いているかなどを企業に詳しくヒアリングしているからです。

ほとんどの場合で、転職エージェント担当者が企業に赴いて話を聞くため、募集要項に載っていないような応募企業の内部事情に精通していることも多いです。

推薦状を書いてもらえる

転職エージェント経由で応募する場合、転職エージェント担当者が応募企業に向けて推薦状を書きます。推薦状には、職務経歴書ではアピールしきれない応募者の人柄や魅力が盛り込まれます。

転職エージェントと応募企業との間信頼関係ができている場合「当社を理解してくれているこの担当者が力説するほど薦める人物なら会ってみよう」というように働くケースもあります。

応募書類添削と面接対策をしてもらえる

転職エージェントでは、応募書類作成の手伝いから、添削、模擬面接を行っています。そのため、書類作成や面接に自信がない方でも、応募企業のニーズに沿ったものへ近づけることが可能です。

自分自身は「たいした実績でない」と思っているようなことでも、応募先企業から評価を受けるようなことがあります。逆に、伝えるまでもない実績などもあります。応募企業に詳しい転職エージェントに相談すると、必要な情報を過不足なく書類に盛り込むことができます。

年収交渉を代行してくれる

応募者から企業に年収の交渉はしにくいものです。転職エージェントを活用すると、担当者が間に入って年収交渉を代行します。自分で年収交渉するより、担当者のほうが慣れているので交渉成立しやすいです。

内定者の年収は高いほうが、企業から転職エージェントに支払われる紹介料も高くなります。担当者は応募者の評価を下げないよう注意しつつ、丁寧に年収交渉に挑みます。

面接日や入社日の調整をしてくれる

面接日や入社日の調整は気を使うものです。ビジネスメールのマナーなどに詳しくない方の場合、採用担当者から誤解されてしまう可能性があります。細かい気配りが必要な日程調整も転職エージェントの担当者が代行します。

「平日に有給が取りにくい」「一次面接はオンライン面接でお願いしたい」といった事情のある方は、転職エージェント担当者に相談しましょう。

面接のフィードバックが得られる

転職エージェントを経由して採用面接を受けると、後から面接のフィードバックが受けられます。転職エージェント担当者が企業に対して「紹介した人物の感想」を確認し、その情報を教えてくれるからです。

フィードバックを参考に、二次面接や最終面接に向けて対策を練ることが可能です。仮に採用に至らなくても、今回の採用選考で得たフィードバックは次の面接に活かすことができます。

直接応募では知りえない非公開求人に応募できる

直接応募する場合は、求人サイトや企業の自社サイトに掲載されている求人にしか応募できません。転職エージェントに登録すると、非公開求人という公開されていない求人を紹介してもらえる可能性があります。

転職エージェントによっては、保有している求人の8割ほどが非公開求人というところもあります。求人が公開できない理由として「重要プロジェクトのため公開したくない」「少人数採用だから公開しない」「信頼できる転職エージェントにだけ依頼したい」といったものがあります。

ヒューレックスは独占求人を多数扱っていることが特徴です。「専門スキルを活かした仕事に就きたい」「非公開の重要業務に携わりたい」方はぜひご相談ください。

 

転職エージェントからの応募で落ちたら直接応募でも落ちる?

転職エージェント経由で不採用になった場合、直接応募でも落ちるのかどうかについて解説します。

企業一次面接で落ちたなら不採用の可能性濃厚

転職エージェントの書類選考に通過し企業の一次面接で落ちた場合は、直接応募しても落ちる可能性が高いです。企業の採用担当者があなたのスキルなどを確認して、不採用と判断したからです。

応募者データは管理されています。選考基準が変われば選考に通過することは稀にありますが、求人サイトなどほかの媒体から応募しても、スキルの足らなかった人材ということは企業側に分かってしまいます。

転職エージェント書類落ちなら直接応募の書類は通るかも

履歴書などを転職エージェントに提出して不採用となった場合、企業へ応募書類を送ったら通る可能性があります。企業に応募書類を見てもらう前に、転職エージェント内で書類選考する「0次選考」を行うことがあるからです。

転職エージェントは企業から「こういう人がいたら紹介して欲しい」と頼まれているので、社内選考をしなくてはいけません。応募者が企業の求めている条件を満たしていない場合は、書類で落とさざるをえなくなってしまいます。

ただ、転職エージェントと応募企業の選考基準が違うケースはまれにあります。0次選考で転職エージェント側が不採用と判断しても、応募企業では書類選考を通すケースは考えられます。

ただ、自分が転職エージェントの0次審査で落ちたのか、応募企業の書類審査で落ちたのかは自分自身で判断できません。書類選考の結果に納得できない場合は、転職エージェント担当者にどの段階で落ちたのか訊いてみましょう。

時期をずらせば受かることもある

転職エージェント経由で不採用となっても、直接応募する時期をずらせば受かる可能性があります。応募企業の選考基準が変化することもあるからです。

以前まで「ハイスキルの人材が欲しい」と決めていたとしても、人手不足の影響などで「幅広い人材を採用しよう」と方向転換をはかることがあります。そのタイミングを狙って応募すれば、採用される可能性もあります。

転職エージェントと直接応募、両方をやっていいの?

転職エージェント経由と直接応募の両方からの応募は、やってはいけません。自己管理ができていない人材と思われかねないからです。

また、いくつかの転職エージェントに登録していて、それぞれから同じ企業に応募してしまうケースがあります。同じ企業に応募することは重複応募とよばれ、企業に悪印象を与えてしまいます。応募した企業は自身で把握するようにしておきましょう。

転職エージェントを通さないほうがいいケース

転職エージェントを通さずに直接応募したほうがいい5つのケースを紹介します。

NPOや学校法人などへの転職

採用コストを抑える公的な企業やNPO、学校法人などは自社サイトを使った採用がメインです。そのため直接応募のほうが好ましい傾向にあります。

直接応募する場合、面接で「長く働きたいと考えている」ことを伝えるようにしましょう。採用コストがかけられない組織では、長期的に働ける人材を求めているからです。

ベンチャー企業

業績がまだ安定していないベンチャー企業は、採用にコストがあまりかけられません。そのため、比較的コストのかからないダイレクトリクルーティングや自社サイトで求人をかけているところがあります。

ただ、なかには転職エージェントを使って積極的に採用するベンチャー企業もあります。事業拡大中で売上が伸びているため、人件費に投資できるからです。

規模が大きくないベンチャー企業に直接応募する場合は「応募先企業で活かせるスキル」をアピールしましょう。ベンチャー企業はとくに即戦力・幅広い分野で活躍できる人材を求めている傾向にあるからです。

大手有名企業への転職

大手企業は、知名度があるため自社採用サイトから募集することが多い傾向にあります。新卒入社の社員が辞めることも少ないので、中途採用の枠自体はあまりありません。外資系大手はダイレクトリクルーティングを使うことが多いです。

直接応募で大手企業に採用されるには、自己分析と企業研究が必要です。大手企業も自社に貢献してくれる人材が欲しいからです。応募企業のどの業務でどのように貢献できるかをアピールできるようにしておきましょう。

飲食業や小売業界など採用人数が多い業界

飲食業や小売業など採用人数が多く離職率も高くなりがちな業界は、転職エージェントより自社サイトや転職サイトからの採用が主流です。

接客担当者を募集することが多いため、明るく元気な人材が求められる傾向にあります。直接応募するときは、面接でハキハキと話し快活な印象になるように心がけましょう。

事務職

事務職は技術職などと比べて専門スキルが必須でなく人気も高い職種です。応募が集まりやすいことから自社サイトやハローワークで募集している企業が多いです。

直接応募するときは、面接で親しみやすい印象になるよう意識しましょう。事務職は事務処理スキルのほか人柄をみられることが多いからです。

転職エージェントを使ったほうがいいケース

特に転職エージェントを使った方がいい2つのケースを紹介します。

キャリアプランが決まっていない

就きたい職種や業種などキャリアプランが決まっていないに場合は、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職のプロが、自分に合ったキャリアを提案してくれるからです。

転職エージェントのヒューレックスでは、企業に対しポジションの逆提案を行っています。「自分に合った求人が見つからない」方は、ヒューレックスの独占求人や非公開求人を問い合わせてみてください

UIJターン転職をするケース

UIJターン転職など地方に転職する場合は、自分1人で企業や現地情報を収集することは困難です。その場合は、地方の転職に特化している転職エージェントを活用しましょう。

なかでもヒューレックスは、地方の転職支援に力を入れている転職エージェントです。UIJターン希望者のためのWeb転職相談会を行っています。全国の約200にも及ぶ地域金融機関と業務提携し、業績を上げている優良企業の独占求人をそろえています。ぜひお気軽にご相談ください。

 

転職エージェントを活用して理想の転職を叶えよう

「転職エージェント経由と直接応募のどちらが採用されやすいか」について紹介しました。「採用コストが安いから直接応募のほうが採用されやすい」ということはありません。企業は採用にかかる一時的なコストより、長期的に業績を上げてくれる優秀な人材を求めているからです。

転職エージェントを活用すると、書類添削や面接対策が受けられ、応募企業の労働環境などを詳しく把握できます。自分のキャリアプランがまだハッキリしていない方や、UIJターン転職を検討している方は、転職エージェントを活用しましょう。

ヒューレックスは、地方の転職活動の支援に力を入れています。各地域の金融機関と提携しているので「地方で評判のいい優良企業に入りたい」方にぴったりです。転職をお考えの方は、ぜひご登録ください。

サービス詳細を見る LINE登録する

この記事の監修

神谷 貴宏

愛知県出身。大手証券会社でのリテール営業、半導体商社での海外営業を経て、総合人材サービス会社へ入社。仙台支店での勤務後、首都圏の拠点立ち上げに携わるとともに、大型派遣案件の企画から運用に従事。5年の経験を積んだ後、派遣ではなく、会社の中核を担う“正社員”のサポートに携わりたいという思いが強くなり、ヒューレックスの設立に参画する。 17年余りにわたるコンサルタントの経験の中で3,000名を超える方々をサポートし、転職においては”キャリア”だけでなく個々人の”価値観”が大切であると痛感。お会いする方との本音のやり取りによって、「心から満足できる出会いを実現しよう」と考え、日々の業務に取り組んでいる。

コンサルタント詳細を見る

転職のアドバイスを無料で受けてみませんか?

理想のキャリアを歩んでいただくための
転職活動を全力サポート。
キャリアカウンセリングから書類添削、
応募企業ごとの面接対策まで
プロの目線で転職に役立つ情報をお伝えします。

求人探しにお困りの方へ

地域密着型の転職支援会社だからこそ、
地元優良企業の求人が多数ございます。
他社転職サイトでは取り扱っていない
好条件求人が見つかります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

転職エージェント コラム一覧

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)