地方で働く魅力とは?地方で活躍するために知っておきたいポイントまとめ!

都会での通勤ストレスや忙しない毎日に疲れ、地方への移住を考えている方も多いのではないでしょうか。育児環境や両親の世話などを理由に地方で働くことを選択する方も少なくありません。
ただし、都会と地方での働き方、暮らしは全くの別物。都会と地方での仕事、生活の違いを把握しておかないと、「こんなはずじゃなかった」「都会の生活に戻りたい」といったことになりかねません。
今回は、地方で働くメリット・デメリットや、実際に都会から地方へ移住した方の声、地方へ転職する方法について紹介します。

知っておきたい「地方で働く」こと


まずは、「地方で働く」という決断をする前に、地方で働くことでどのようなメリット、デメリットがあるのかをしっかりと把握し、地方での暮らしや働き方をイメージしましょう。

「地方で働く」ということを理解しておくことで、自分にとって最善の選択に繋がります。

地方で働くメリット

地方で働くメリットとして、

  • 通勤のストレスが減る
  • 生活にかかるお金が安い傾向
  • 専門スキル・特別な経験があれば転職しやすい

などが挙げられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

専門スキル・特別な経験があれば転職しやすい

地方では、大学進学に伴い都会に移住し、そのままそのエリアで就職するという学生が多く、優秀な人材が流出してしまっている傾向にあります。そのため、専門スキルや特別な経験を持った人材は貴重な人材として重宝されます。

「地方で自分のスキルや経験を活かせる企業はあるの?」と思われる方もいらっしゃいますが、地方にもあなたのスキルや経験をきちんと評価してくれる企業はたくさんあります。思う存分、能力を発揮し活躍できる場が用意されています。特に、Web系やIT系のスキル・経験を持っている方は企業からのニーズが強く、競争相手も少ないため、転職しやすい状況にあります。

通勤のストレスが減る

都会での通勤は、毎朝満員電車で立ちっぱなしだったり、通勤に1時間以上かかっている方も多いと思いますが、地方に移住すると、都会のような満員電車はまずありません。車通勤可の会社も多いため、通勤時のストレスは大幅に軽減することができます。

生活にかかるお金が安い傾向

生活費を安く抑えられるのも地方に移住し働くメリットです。食品や生活消耗品の価格はさほど変わりませんが、家賃が大幅に安くなる傾向にあります。

都会ではワンルームのアパートで最低でも7〜8万円ほど家賃がかかるのに対し、地方ではだいたい家賃4〜5万ほどでワンルームのアパートに住むことができます。土地の値段も安いため、都会に比べマイホームを購入しやすいというのも地方で働くメリットです。

地方で働くデメリット

地方で働くデメリットとして、

  • 転職先の選択肢が少ない
  • キャリアの選択肢が少ない
  • 収入が低くなる傾向
  • 都市部とと比べると利便性が悪い

などが挙げられます。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

転職先の選択肢が少ない

都会に比べ、地方では求人数が少ない傾向にあります。例えば営業やバックオフィス系といった職種であればある程度求人数はありますが、Web系やIT系の職種は求人数が限られます。そのため、時には妥協を余儀なくされるケースもあるため、事前にどんな求人があるのかチェックしておきましょう。

キャリアが詰まりやすい

地方の企業で働くことで、「出世しにくい」「成長しにくい」といったキャリアが詰まりやすいというデメリットもあります。都会と比べ、地方では出世の基準が年功序列である企業が多いことに加え、役職自体が少ない、役職は上がっても待遇は変わらないといった企業が多く存在するからです。

ただし、すべての企業が古い体質・考え方を持っているわけではありません。転職を決める前に、評価基準やキャリアパスの可能性などをしっかり確認しておきましょう。

収入が低くなる傾向

都会と比べ、地方では年収が低くなる可能性が高いです。これまでの実績や経験、スキルによっては年収アップも見込めますが、都会よりも地方の平均年収は低いので、年収が下がる可能性が高いことを念頭に置いておきましょう。

都市部と比べると利便性が悪い

都会と比べて地方では、お店や施設が少ない、目的地まで遠いといったデメリットもあります。通勤時のストレスが大幅に軽減される一方で、電車の本数が少なかったり、車でなければ行けないといった不便さを感じることもあります。

地方で働く人の声

ここでは、実際に都会から地方に移住して働いている方の声を紹介します。ここまで紹介してきた地方で働くメリット・デメリットを踏まえ、地方で働くことで自分自身の働き方、暮らし方がどのように変わるかイメージしてみてください。

【埼玉県から宮城県へ】地方で働くことで、通勤ストレスから開放された|K・Sさん(30代男性)

私は東京で仕事をしていましたが埼玉県に住んでいたため、毎日電車で1時間半くらいかけて通勤していました。行きも帰りも満員電車で、1時間以上立ちっぱなしの生活は正直大変でしたね。帰宅時間が遅くなる上に通勤での疲れで、平日はなかなか子どもたちの相手をしてあげられていませんでした。

地方で働くようになってから、通勤時間は電車で30分になりました。しかも行きも帰りも座れるんです。今では平日は子供と一緒にお風呂に入り、絵本を読んであげられる余裕が生まれました。

年収は若干下がりましたが、通勤のストレスがこんなに減るのであれば全然気になりません。

【東京都から秋田県へ】地方に移住して育児の環境を整え、マイホームを購入できた|H・Sさん(30代男性)

私は東京に住んでいましたが、もっと良い環境で子育てをしたいという妻の意向もあり、お互いの地元である秋田県への移住を決めました。当時は「秋田県に仕事はあるのか?給料がかなり安いんじゃないか?」という不安もあったのですが、いざ求人を見てみると驚くほど年収が下がるような感じではありませんでした。

確かに50万円ほど年収は下がりましたが、東京と比べると秋田は何もかもが安く、その分生活費が抑えられているので生活水準を下げることなく生活できています。東京では家賃が10万円以上かかっていましたが、秋田ではその半額ほどのローンでマイホームを購入できました。自然に囲まれ、きれいな空気の中、娘もすくすく育っています。

【東京都から山形県へ】「便利」よりも「安心」を求めて地方に移住|R・Tさん(20代男性)

私は東京都から地元である山形に移住しました。東京での仕事に不満はありませんでしたが、通勤ラッシュやどこに行っても人混みという東京での暮らしに疲れ切ってしまったんです。

東京と比べ、山形では求人数が少なく最初は「本当に山形に移住して働けるのか?」という状況でしたが、根気よく探すと自分の条件に合う企業がいくつか見つかりなんとか無事転職することができました。山形に移住してから、お店の少なさや不便さを感じることがありますが、それよりも穏やかな環境で生活できることの方が何よりも嬉しいです。地元だと親や兄弟、友達など頼れる人も多いので何かあったときでも安心できます。

地方での働き方は3パターン

ここまで、「地方に移住して地方で働く」という前提のもとでさまざまな情報を紹介してきましたが「地方で働く=地方への移住」というわけではありません。

他にも、

  • 都会に住みながら地方の企業で働く
  • 地方に移住して都会の企業で働く

というケースも考えられます。

3つのタイプのメリット、デメリットの比較は以下をご覧ください。

メリット デメリット
①地方に移住して地方で働く 地方の穏やかな環境で生活できる 地方に引っ越す必要がある
②都会に住みながら地方の企業で働く 地方へ移住する必要がない フルリモート可の求人が少ない
③地方に移住して都会の企業で働く 地方の穏やかな環境で生活できる 地方に引っ越す必要がある

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

地方に移住して地方で働く

「地方に移住し地方の企業で働く」という働き方が、地方で働くスタイルとして最もスタンダードです。都会から地方への移住は容易ではありませんが、その土地に住むことで生活環境を大きく変えることができます。

都会に住みながら地方の企業で働く

「地方へ移住できない、したくない」という方であれば、都会に住みながらリモートで地方の会社に勤めるという選択肢もあります。ただし、地方でフルリモートでの勤務を認めている企業はそう多くないため、根気よく求人を探す必要があります。

地方に移住して都会の企業で働く

「地方に移住したいが、都会の企業で働きたい」という方には、地方からリモートで都会の企業で働く事もできるでしょう。地方の企業に比べると、都会の企業の方がリモートワークに対する理解があるためこちらの方が実現しやすい働き方といえます。

地方に転職するにはどうすれば良い?

ここまで、「地方で働くこと」にフォーカスして紹介してきましたが、いざ都会から地方で働きたいと思った際はどうやって転職活動を始めれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか?ここでは、地方に転職するための方法について紹介します。

求人サイトを利用する

求人サイトを利用して、地方企業の求人を探し応募する方法があります。求人サイトによって掲載されている求人が異なるので、複数の求人サイトをチェックしておくと良いでしょう。さまざまな媒体から求人をまとめてられている、indeedやGoogleしごと検索などを利用すると効率よく求人を探せます。

手軽に求人を検索できる一方で、企業の風土や評価基準、どういう方が働いているのかといった求人ではわからない情報もあるため、自身でしっかり調べて応募しましょう。

転職エージェントを利用する

転職時には、求人紹介から履歴書・職務経歴書のアドバイス、面接対策、企業との条件交渉まで行ってくれる転職エージェントがおすすめです。残業時間や年収、評価制度といった企業に聞きづらい質問も担当のコンサルタントが代わりに確認してくれるので、ストレスなく転職活動を進められます。

また、転職活動に関わるさまざまなことをサポートしてくれるので、日々の仕事が忙しく転職活動をする時間がなかなか取れないという方はぜひ利用すると良いでしょう。

知り合いの紹介を利用する

地元に住む知り合いや地方の企業とのコネがある知り合いがいるのであれば、紹介してもらえないか確認してみるのも手です。ただし、紹介してもらった手前、辞めづらくなるというデメリットもあることを理解しておきましょう。

地方へ転職するなら転職エージェントの利用が成功の近道

地方への移住を決めたら、現職の仕事もしながら引っ越しや転職について考えなければいけないため非常に忙しくなります。そんな状況下において、転職活動は転職エージェントにサポートしてもらうのがおすすめです。求人サイトには掲載されていない地方の優良企業を紹介してもらえます。

地方に転職する際は、地方への転職を知り尽くしているヒューレックスがおすすめ。各都道府県の地方銀行と提携しているため、銀行から優良企業の求人が寄せられています。

また、地方の企業との信頼関係が築けているため、あなたの魅力をアピールしたり企業に対して効果的にフォローすることも可能です。地方で働きたいという方は、ぜひヒューレックスの転職サポートをご利用ください。

サービス詳細を見る LINE登録する

この記事の監修

須賀川 敏哉

神奈川県出身。早稲田大学卒業後、大手証券会社に入社。人材業界では、通算20年以上のキャリア。 10年間の証券営業を通じ、経済や景気動向、企業動向の見方を養う。 大手総合人材サービス会社では、首都圏拠点立ち上げ、新宿・丸の内支店長、金融・外資部長、東京本社エリアディレクターを歴任。 ヒューレックスでは、転職支援を中心に、コンサルタントとして幅広い職種と年齢層に対応。 仙台本社を経て、現在は東京本社を立ち上げ、首都圏および関東甲信越地区において、数多くの就職・転職成功実績を積み重ね、今後も「転職成功物語」、実績NO.1を目指す。

コンサルタント詳細を見る

転職のアドバイスを無料で受けてみませんか?

理想のキャリアを歩んでいただくための
転職活動を全力サポート。
キャリアカウンセリングから書類添削、
応募企業ごとの面接対策まで
プロの目線で転職に役立つ情報をお伝えします。

求人探しにお困りの方へ

地域密着型の転職支援会社だからこそ、
地元優良企業の求人が多数ございます。
他社転職サイトでは取り扱っていない
好条件求人が見つかります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

地元 コラム一覧

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)