地方創生に関わる仕事とは?地方で活躍できる求人の見つけ方

「地元に貢献したい」という想いから、地方創生に関わる仕事に興味を持つ人が増えています。しかし、実際にはどのような仕事があるのか、イメージしにくい方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、地方創生の意義と取り組み事例、また地方創生関連の仕事に携わるメリットについて紹介します。

地方創生とは?

地方創生とは、東京圏以外の各地域がそれぞれの地域の良さを活かして、住み続けられる街を作り出すこと。

東京一極集中が進む現代の日本で、地方の人口減少に歯止めをかけるための政策として、2014年に取り決められました。この年に施行された「まち・ひと・しごと創生法」は地方創生の基本理念を定めたもので、少子高齢化社会の対策や地方での人材育成の方針について触れられています。

地方創生を目指す政府は地方自治体に交付金を支給したり、政府関係機関の地方移転を計画したり、地方創生コンシェルジュと呼ばれる相談窓口を設置したりと、さまざまな方策を実行しています。

地方創生の取り組み事例

地方創生政策は、行政の支援と指導のもと、地域企業や移住者へのさまざまな取り組みが行われています。ここでは、地方創生の取り組み事例を2つ見ていきます。

北海道富良野市の「ルーバン・フラノ構想」

富良野市は北海道を代表する観光地として有名ですが、その郊外は観光客がもたらす恩恵にあずかれず、廃業が相次いでいました。そこで富良野市や商工会議所は郊外の空き地に目をつけ、官民一体のまちづくり組織を設立しました。

空き地に職の魅力を発信する複合施設の「フラノマルシェ」を開設し、「食と農」をテーマに食品を販売したところ、注目を集めています。年々参加者は増え続け、平成27年における売上は7億3,300万円を達成しました。空き地を有効活用した地方創生に成功した事例です。

兵庫県丹波市の起業促進によるまちづくり

歴史のある古民家が建ち並ぶ兵庫県丹波市では、老朽化が進む店舗やその跡地を利用してレストランなどの出店を促進しています。また、市とまちづくり会社が連携して店舗改修に必要な財政支援を実施することで、起業の活性化を目指しています。近隣の山林で駆除した鹿を用いた鹿肉料理店のオープンは大きな話題を呼び、Iターン者の増加に成功しました。

仕事としての地方創生への取り組み

ここまでは行政による地方創生の取り組みを紹介しましたが、企業が仕事として地方創生に取り組み事例も多く存在します。ここでは、仕事として地方創生に携わる方法を5つ紹介します。

まちづくり・観光事業支援

魅力のあるまちづくりに成功すれば観光客が増加し、まち全体の経済が活気づくと予想されます。実際に観光客の獲得を目指して、まちづくりの計画を立てている自治体は少なくありません。そういった自治体の多くは、まちづくりの知見を持つ業者と連携して計画を立てています。

「まちづくり」の代表的な仕事としては、地域に根ざした商品開発・販売やアンテナショップのプロデュースなどが挙げられます。

また、地方自治体が運営する観光協会や地域の観光施設の職員もまちづくりや観光に携わる仕事と言えます。

人材の育成・採用

地域活性化のためには、まず「地域を元気にしたい」と考える人材が求められます。そういった人材を地方のコミュニティに集めて育成を行う仕事も、地方創生関係の仕事と言えます。人材育成を行うNPO法人や一般社団法人は代表例です。また、地域活性化に関心のある人材を探して採用する人事職も、地方創生に関わる立派な仕事と言えます。

地域の魅力発信

地域の魅力や特性を全国各地に情報発信してアピールすることで外部から人を呼び込み、地域経済活性化につなげる仕事があります。この仕事の例としては、地域プロモーション・ブランディング会社が行う地域の魅力の全国発信や観光振興が挙げられます。具体的にはプロモーションサイトの運営や、アンテナショップの展開・経営を行う仕事です。

地方創生プロジェクト立案

地方創生を成功に導くためには、その地域における課題を理解し、適切なプロジェクトを考案しなければなりません。地方創生プロジェクトの内容を考えるコンサルタントやエリアマネージャー、また広告代理店は企画を考えられる代表的な仕事です。

このような仕事につくためには、まちづくりに関する専門知識やマーケティングへの知見が求められます。

住みやすい街づくり貢献

地域の生活を支える仕事としては、電力・ガス・水道などのインフラ業や建物や道路の工事を行う建設業が挙げられます。これらの仕事は住みやすい街づくりに大きく関わっていて、地域の人たちの生活を根本から支える大切な存在です。また、地域の公共交通機関を運営する、鉄道・バス会社も、生活の利便性を大きく支える仕事と言えます。

地方創生を仕事にするメリット

地方創生に関わる仕事が盛んになると、仕事をする本人だけでなく、地方自治体や企業にもさまざまなメリットがもたらされます。ここでは、地方創生を仕事にするメリットを4つ紹介します。

社会に貢献できる

仕事を通して地方創生に携わると、仕事に対するやりがいを多く感じて、モチベーションを向上させられる可能性があります。その結果、働き手は仕事に対して前向きな気持ちで取り組めるようになるはずです。

また、企業として地方創生事業に取り組むと、社会的責任を果たせるだけでなく、企業に対する評価が向上して、社会的価値が高まると期待できます。

自治体や企業の活性化につながる

地方創生に関わる仕事についた場合地域の雇用数の増加とともに地域経済の活性化を期待できます。また、その過程で地域の人やコミュニティとのつながりが生まれて、企業の事業自体の活性化も期待できます。

地方創生事業としての仕事があることで、働き手となる「ひと」が集まり、地域が活性化すれば、地域の魅力もさらに高まるという好循環が生まれるはずです。

国や自治体から補助金を得られることも

地方で起業を行う、あるいは東京などの都市圏から、転職と同時に地方へ移住する人を対象として、地方公共団体が補助金を支給する取り組みが行われています。前者は「起業支援金」、後者は「移住支援金」と呼ばれる補助金で、地方公共団体が主として行う事業です。

起業支援金については、東京都圏以外の地域で新たに起業、もしくは事業継承または第二創業する場合に、最大200万円が支給されます。

参考:起業支援金の支給概要|内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局

 

移住支援金は、東京23区に在住または通勤する人を対象として、東京圏外へ移住し起業や就業を行うことを条件に、地方公共団体が支給を行うものです。支給額は最大100万円(単身の場合は60万円)です。

参考:移住支援金の支給概要|内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局

生活費を安く抑えられる

総務省が公表した2019年度の「小売物価統計調査(構造編)」によると、全国平均を100とした消費者物価指数は、東京都が104.7ポイントです。一方で、他の都道府県、特に都市圏ではない地方では100ポイントを大きく下回っていて、最も低い宮崎県では96.0ポイントとなっています。

このデータに基づくと、東京都など都市圏と比較した場合、地方の生活では費用を安く抑えられると期待できます。

地方創生を仕事にするデメリット

地方創生に携わる仕事は大変魅力的ではありますが、デメリットがまったくないわけではありません。ここでは転職活動を始める前に知っておきたい注意点を紹介します。

転職先によっては地方創生プロジェクトが頓挫してしまうことも

企業が地方へ新規事業を展開するなど、地方創生プロジェクトを実行する場合、事業がうまく進まずにプロジェクト自体が頓挫するリスクがあります。地方創生プロジェクトの一環として、その企業に雇用された場合、プロジェクトの頓挫によって最悪の場合には解雇となるおそれがあるものです。

地方創生プロジェクトの仕事に就きたいと考える場合には、プロジェクトが頓挫した場合の働き手の処遇について、あらかじめ確認するようにしましょう。

住んだことのない街は移住後に後悔することも

今まで住んだことのない街に移住する場合、交通の便や気候、商業施設の充実度において、東京圏と比較したときの満足度が低下する懸念があります。移住する前には移住先のデメリットを把握しておいて、移住の是非や対策を検討するとよいでしょう。

地方の転職エージェントであれば、移住先の生活や企業事情にも詳しいため、一度相談すると有益な情報をもらえるかもしれません。

年収が下がる可能性が高い

厚生労働省が公表した、令和元年「賃金構造基本統計調査」によると、年収の全国平均は307.7万円。東京都は379.0万円、神奈川圏は341.1万円、最下位は青森県の239.0万円です。この結果からは、東京圏とそれ以外の道府県で年収に大きな差があることがわかります。

しかし、東京都は家賃も頭ひとつ抜きんでることから、住居費を抑えられる可能性があります。最終的に転職前と変わらない生活水準を期待できそうです。

転職で地方創生を目指す人は転職エージェントに相談しよう

昨今、政府の後押しによって注目を集めている「地方創生」。地方創生に関わる仕事をすることで、働き手にとっても企業および社会にとっても多くのメリットが期待できます。

一方で、地方における求人の少なさや未知のエリアに移住することへの不安はつきものです。地方の求人に強い転職エージェントであれば、豊富な求人のなかから本当に地域創生に貢献できる仕事を見つけられるかもしれません。

ヒューレックスは、地方創生を目指す転職エージェントです。地方銀行と提携していることから、地元の優良企業の求人が豊富で、地方創生や地域活性化に携わることのできる仕事も紹介可能です。地方への転職をお考えの方は、一度ぜひヒューレックスにご相談ください。

サービス詳細を見る メルマガ登録する

この記事の監修

須賀川 敏哉

神奈川県出身。早稲田大学卒業後、大手証券会社に入社。人材業界では、通算20年以上のキャリア。 10年間の証券営業を通じ、経済や景気動向、企業動向の見方を養う。 大手総合人材サービス会社では、首都圏拠点立ち上げ、新宿・丸の内支店長、金融・外資部長、東京本社エリアディレクターを歴任。 ヒューレックスでは、転職支援を中心に、コンサルタントとして幅広い職種と年齢層に対応。 仙台本社を経て、現在は東京本社を立ち上げ、首都圏および関東甲信越地区において、数多くの就職・転職成功実績を積み重ね、今後も「転職成功物語」、実績NO.1を目指す。

コンサルタント詳細を見る

転職のアドバイスを無料で受けてみませんか?

理想のキャリアを歩んでいただくための
転職活動を全力サポート。
キャリアカウンセリングから書類添削、
応募企業ごとの面接対策まで
プロの目線で転職に役立つ情報をお伝えします。

求人探しにお困りの方へ

地域密着型の転職支援会社だからこそ、
地元優良企業の求人が多数ございます。
他社転職サイトでは取り扱っていない
好条件求人が見つかります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

移住 コラム一覧

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)