40代でU・Iターン転職!リスクを回避して地方転職を成功させるポイント

都会での生活から、地方で新たな生活を送ることができるUターン・Iターン。しかし、40代になっても、現在の住まいとは離れた地域で、スムーズに希望にマッチした企業を見つけ、Uターン・Iターン転職を成功させることはできるのでしょうか。

ここでは、40代のUターン・Iターン転職を成功させるポイントについて解説します。

Uターン・Iターン転職の特徴

地元に戻って転職をするUターン転職や、都心部で生まれ育ち、就職した人が地方へ移住して転職をするIターン転職には、「現在住んでいる場所とは離れた地域での転職である」という大きな特徴があります。また、「生活を大きく変えて心機一転新たなスタートを切れる」「希望した土地に住める」といったメリットもあります。

一方で、Uターン・Iターン転職には、デメリットもあります。例えば、近隣での転職であれば、事前に会社を見にいったり、転職説明会に参加したりといった転職活動が気軽に行えますが、Uターン・Iターン転職ですと、距離の問題もあり時間がかかるケースがあります。

40代にとってのUターン・Iターン転職とは?

同じUターン・Iターン転職をする場合でも、年代によって意識しておくべきポイントは変わります。40代にとってのUターン・Iターン転職がどのようなものなのか、考えてみましょう。

40代は転職自体が難しくなってくる年代

そもそも、転職自体、年齢を重ねるにつれて難しくなっていく傾向があります。自分の希望に合った仕事を選んで転職をするためには、それだけのスキルや実績のほか、アピール能力などが必要になるでしょう。同時に、これまでに築いてきたスキルや実績を必要としている企業と、うまくマッチングができるかどうかも重要です。

しかし、Uターン・Iターン転職では、都会よりも求人数が少ない分、マッチングが難しくなる可能性があります。できるだけ幅広く求人情報を収集して、自分に合った企業を見つけましょう。

「少しでも早く転職しなければ」と焦ることがあるかもしれませんが、自分の理想や希望を叶えられるかどうかについては、十分吟味することをおすすめします。

転職後は定年まで勤め続ける可能性が高い

20代で若手の場合、Uターン・Iターン転職でうまくいかなければ、再度都会に戻って仕事を探すということも十分可能です。しかし、40代はそうではありません。年齢が高くなればなるほど転職は難しくなりますし、条件が悪い転職先しか見つからない可能性も高くなっていきます。

そのため、「この先20年前後勤め続けられるか」という観点で就職先を検討する必要があるでしょう。将来を見据えた堅実な転職活動をすることが大切です。

転職はマネジメント能力を武器に進める

40代には、若手のようなポテンシャルはなくても、これまでに培ってきたスキルと実績があります。転職においては、特にマネジメント能力を求められることが多いでしょう。これまでの経験をもとにキャリアの棚卸を行い、どのようなアピールをするのが効果的か考えてみてください。

ただし、地域によって盛んな産業はそれぞれ異なります。自分の実績が活かしやすい仕事があるかどうか、あるいは、キャリアと関連づけやすい求人があるかどうかといったことは、事前に調べておく必要があります。

リスク回避が大切

Uターン・Iターン転職は長距離の転居を伴うものですから、うまくいかなかったときのリスクはその分大きなものになります。やり直しがききにくい40代の場合、できるだけリスクを回避しながら進めなければいけません。

そのためには、現職の退職や移住は、転職先が決まってから行うことが大切です。Uターン・Iターン転職では、入社までにある程度時間を見てくれる場合が多くなっていますから、転職活動後の退職や引越しでも、スケジュールの問題はそれほどないでしょう。

早まって退職の意向を伝えてしまうと、焦りから妥協した転職をしてしまうリスクが高まります。また、Uターン・Iターンでの転職活動には交通費や滞在費などもかかるため、費用面からいっても、早まった退職はおすすめできません。

40代がUターン・Iターン転職を成功させるためには?

40代がUターン・Iターン転職を成功させるポイントは、利用できるサポート手段の活用と、家族との話し合いです。具体的に、どのようなことを意識すべきかをまとめました。

地域の産業に詳しい転職エージェントの活用

地域ごとに、活発な産業や地域性が異なります。そのため、Uターン・Iターン転職で転職エージェントを利用する際には、移住先の事情に詳しいところを選びましょう。

地域の企業との結びつきが強い転職エージェントには、非公開求人を抱えているところもありますし、それぞれの企業の詳細な情報も集まってきます。居住地から離れた場所で転職活動を行う上で、これらの情報は大きな助けになるでしょう。

人脈の活用

これまでの人生で培ってきた人脈を活用することで、思わぬ助けが得られることもあります。直接的に転職先を紹介してもらえるというわけではなくても、その地方の特徴や暮らしを教えてもらえたり、滞在中のアドバイスがもらえたりすることもあるでしょう。

実際にUターン・Iターン転職をした知人などがいれば、リアルな話を聞いてみるのもひとつの手です。

自治体の移住サポートを活用

特に地方の自治体では、移住に関するサポート窓口を設けている場合があります。このような窓口では、移住の際に利用できるサポートの紹介や、土地柄の紹介などを受けることができます。

移住に関するイベントやセミナーなどを開催している自治体もありますから、参加してみるのもおすすめです。

自分だけでなく家族の生活も考える

結婚している人の場合、Uターン・Iターンは自分だけの問題ではありません。収入に関わることですし、配偶者や子供を伴って移住するのか、自分だけが移住するのかという問題もあります。

家族の理解が得られるよう、十分話し合いを行い、移住後の家族の生活についても考えておくようにしましょう。

移住後の移動手段を確保する

地方では、主な移動手段が車である場合が多くなっています。家族の人数分の車がないと生活に困ることもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、免許を持っていない家族がいる場合、生活していけるかどうかについて検討する必要があります。

Uターン・地元転職相談

40代のUターン・Iターン転職ではリスク回避が大切

40代のUターン・Iターン転職は、失敗してしまうことがないよう、できるだけリスク回避をしながら進めるのがおすすめです。将来、トラブルにならないために家族と十分話し合いを行った上で、納得できる転職先を探しましょう。

転職エージェントの ヒューレックスには、地域の産業や企業に詳しいコンサルタントが多数在籍しています。そのため、これまでに積み重ねてきた実績やスキルを活かして働ける企業や、ふさわしいポジションをご紹介することが可能です。ぜひ、ヒューレックスの転職支援サービスにお申し込みください。

サービス詳細を見る LINE登録する

この記事の監修

須賀川 敏哉

神奈川県出身。早稲田大学卒業後、大手証券会社に入社。人材業界では、通算20年以上のキャリア。 10年間の証券営業を通じ、経済や景気動向、企業動向の見方を養う。 大手総合人材サービス会社では、首都圏拠点立ち上げ、新宿・丸の内支店長、金融・外資部長、東京本社エリアディレクターを歴任。 ヒューレックスでは、転職支援を中心に、コンサルタントとして幅広い職種と年齢層に対応。 仙台本社を経て、現在は東京本社を立ち上げ、首都圏および関東甲信越地区において、数多くの就職・転職成功実績を積み重ね、今後も「転職成功物語」、実績NO.1を目指す。

コンサルタント詳細を見る

転職のアドバイスを無料で受けてみませんか?

理想のキャリアを歩んでいただくための
転職活動を全力サポート。
キャリアカウンセリングから書類添削、
応募企業ごとの面接対策まで
プロの目線で転職に役立つ情報をお伝えします。

求人探しにお困りの方へ

地域密着型の転職支援会社だからこそ、
地元優良企業の求人が多数ございます。
他社転職サイトでは取り扱っていない
好条件求人が見つかります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

Uターン コラム一覧

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)