30代男性の転職を有利にするためのオススメ対策

終身雇用制度が一般的だった一昔前とは異なり、近年では転職に対してポジティブなイメージをもつ方が増えています。30代男性においても、確実に転職のハードルは下がっています。しかしながら、当事者にとっては30代で転職ができるのかどうかは不安に感じるもの。

「希望の職種に就けるの?」「給与アップは期待できる?」といった悩みをお持ちの方も多くいらっしゃることと思います。この記事は、地元企業との密接な関係性から数多くの転職をサポートしているヒューレックスが30代男性の転職に関するポイント・コツ・注意点を解説します。

30代男性でも転職できる?

30代男性は転職市場で人気が高く、転職が十分に可能であるとされています。総務省統計局が発表している「年齢階級別転職者数及び転職者比率」のデータでは「30代」としての分類でのデータは公表されていないものの、25~34歳で年間34万~41万人・35~44歳で年間23万~29万人の方が転職していることが分かります。

年代別に転職市場を見るときに注目すべきポイントは、それぞれの年代における採用企業側の意図です。すなわち、「ポテンシャル採用」として熱意・志向・特性などが重視されやすい20代男性と比較すると、30代男性は即戦力性に重きを置かれます

企業側から見た30代男性に求められることは、ビジネス第一線での社会経験があり、ビジネスマナー・スキル・社会常識などをすべて備えているという点です。さらに業界や業種における専門知識やスキル・マネジメント経験・資格などがあれば、より転職市場での価値が高まります。

受け入れ側の企業の考え方や事情によって経験がどの程度重視されるかは変動しますが、即戦力性と長期的に活躍可能であることの2点が可能であるという点で、30代男性に高い価値を感じる企業は少なくありません。

特に、業界未経験の方やスキル・経験に自信のない方は転職に自信がもてないという方も多いかと思いますが、可能か不可能かでいえば30代男性は十分に転職可能です。

30代男性の転職を有利にする3つのポイント

30代男性の場合には、20代と比較するとキャリアやスキルなどがはっきりしています。したがって、転職に有利・不利が生じる場合があるのも事実です。この章では、30代男性の転職を有利にする3つのポイントを解説します。

即戦力性が高い

30代男性の場合は、即戦力性が重視されます。そして、対外的に即戦力性をアピールするために必要なものは、経験と実績です。求人案件の業界・職種における経験が豊富であればあるほど、転職は有利になります。

例えば、企業向けのソフトウェア販売企業の営業職の募集の場合には、IT業界や法人営業の経験が役立つでしょう。さらに、前職でのすぐれた販売成績や表彰経験などは、大きなアピールポイントになります。

マネジメント経験がある

30代になると、プレーヤーとしてのスキルだけでなくマネージャーとしての力量も重要な評価要素になります。どのようなチームで何人の部下を持っていたのかという点が問われるでしょう。さらに、マネージャーとしての力量をアピールする際には、チームとしての成果も重要です。

前年に対してチームの売上がどのように変化したのか?コストをどのように削減できたのかなど、成果を数値化しておくと効果的なアピール材料になります。

職歴・キャリアプランがしっかりしている

30代男性の転職においても、将来を見越したキャリアプランもないがしろにはできません。

  • 5年後・10年後にどのようなことをなし遂げたいのか?
  • 転職先の企業にどのような形で貢献し、どのように成長したいのか?
  • 転職先で活躍をするために、これまでの経験やスキルをどのように発揮したいのか?

 
上記のように、過去から未来に向けての道筋を明確に描いて説明できると、熱意を示すことにもつながります。異業界や異業種に転職をする場合でも、経歴やスキルの関連性や志望理由などをうまく結びつけることで、キャリアプランに説得力を持たせることができます。

豊富な人脈がある

人脈が豊富な方は、転職先の企業でも人脈を活かしてご自身のスキル・経験以上の力を発揮できる可能性があります。ただし、特に同業種での転職の場合は、競業避止義務に反しないように注意しなくてはなりません。特に、他社の経営者や役職者との人脈が豊富な方は、人脈を通じて案件獲得をしたり必要な歳に専門家として知識を教えてもらったりするなどのメリットを得られるでしょう。

30代男性の転職で不利になり得るポイント

30代男性の転職には、不利になるポイントを意識することも大切です。この章では、30代男性が転職で不利になり得るポイントを3つの観点から紹介します。

スキル・資格がない

30代男性は、20代と比較すると即戦力性が重視されるため、スキルや資格の不足が大きなデメリットになる可能性があります。特に、技術職・経理・マーケティングなど一定のスキルが必要な職種の場合は、スキルや資格の要件を満たしていなければ応募要件を満たすことさえできないでしょう。

業界未経験

スキル・資格を取得していたとしても、実務経験がない場合には転職に大きく不利になる場合があります。仮に書類選考は通過しても、面接での選考時に経験者が優遇されることは間違いありません。結果的に、未経験者であるというだけでチャンスが得られないケースもあるでしょう。

業界未経験者が不利になる傾向は、年齢が上になればなるほど強くなり、30代後半になると全くの未経験者の転職難易度はかなり上がります。

転職を繰り返している

短期間での転職を繰り返している方は、転職歴について企業側からネガティブな評価を受ける可能性があります。スキルや経験があっても、すぐに仕事を辞めてしまうとみなされかねないためです。業界や職歴がバラバラであるといったこれまでの職歴に一貫性のない方の場合、キャリアプランがうまく描けていないという評価につながるリスクもあります。

何回の転職で「転職回数が多い」と見なされるかは、担当者の考え方次第です。30代の場合一般的には、3~4回以上の転職会するになると「転職が多い」と思われる傾向があります。

30代男性転職希望者によくある疑問・質問(学歴・未経験など)

30代男性の転職は、不安がつきものです。転職に関する不安に加えて人生設計が関連してくることもあるため、可能な限り不安の少ない状態で転職を迎えたいものです。具体的には、悩みの事例として下記の例が挙げられます。

  • 子どもの教育や将来の親の介護など、ライフプランや必要資金がかなり具体化している
  • 将来40代・50代のキャリアを見据えると、希望どおりの転職ができる最後のチャンスになる可能性を意識する
  • 家庭と仕事との調和・両立を実現するためのキャリアを考える

 
だからこそ、30代の転職希望男性からよく寄せられる質問があります。この章では、よくある質問とその回答を解説します。

高卒30代でも転職できる?

大学を卒業していないと、30代の転職を厳しいと考えたり、不安に感じたりする方がいらっしゃるのは確かです。確かに、求人要件において「大学卒業」との指定がある場合には、応募資格が与えられません。どうしても諦められない仕事の場合には、直接採用窓口などに問い合わせをすることで面接を受けられる可能性はありますが、いずれにしても選択肢の幅が狭まることは確かです。

しかし、求人案件の中には「高卒可」の案件も多数あります。そして、応募要件さえ満たしていれば、大学を卒業していないことが全くデメリットにならないことも珍しくありません。むしろ、応募資格さえ満たせば30代転職の場合はスキルや経験が重要視されます。未経験者であっても、ご自身の経歴やキャリアのビジョンをいかにうまく伝えられるかの方が重要です。

未経験の30代男性が転職できる業種・職種は?

30代男性で、正社員としての職歴が少ない方や、職歴をうまく仕事に活かしづらいと考えている方は、転職へのハードルの低い業種・職種を希望される方もいらっしゃるでしょう。この場合、転職のハードルが低い業種・職種を選ぶことで、転職の難易度を下げることが可能です。

具体的に、未経験者にとって転職の難易度が比較的低い業種・職種は以下のものが挙げられます。

■業種
運輸・交通・物流・倉庫
商社
流通・小売・フード

■職種
営業
接客

一般的に、未経験者も積極的に採用している企業は、

  • 不人気業界である
  • 離職率が高い
  • 知名度が低く採用力がない

 
など、慢性的な人手不足であることが予想されますが、教育体制が整っており未経験者でも戦力として育てられる企業である可能性もあります。また、新しいエリアへの拠点開設などで大量の人材が必要になるケースも未経験者の採用に積極的になる傾向があります。

逆に、経験のある方はマネジメント職のポジションでの転職も十分に狙えます。ポジションや収入のアップを狙っている方は、合わせて検討されてみてはいかがでしょうか?

30代男性が転職を成功させるためにやるべきこと

30代で転職希望を成功させたいと思っている方に、必ずやっていおいていただきたいことがあります。この章では、具体的に転職成功のための3つのポイントを解説します。

キャリアの棚卸しと自己分析

キャリアの棚卸しや自己分析をすることは、以下のメリットにつながります。

  • 客観的に自分自身のスキルや立ち位置を把握できる
  • 経歴や成果などから、自分自身の強みや弱みを確認し、転職時の面接でアピールできる
  • 経歴を活かしたキャリアパスを描ける

 
反対に、キャリアの棚卸しや自己分析ができていない方は、転職の企業選びが行き当たりばったりになりがちです。転職を決意したら、これまで従事した仕事・役職・成果などを棚卸ししましょう。

転職の目的を明確化する

30代の転職に限らないことですが、転職の目的を明確にすることも重要です。

特に、現職に不満を抱いている方や将来に大きな不安を感じている方は、転職自体が目的になる傾向があります。この場合、転職後にどのようなキャリアパスを描くかという視点が曖昧になってしまうため、仮に転職に成功したとしてもまたすぐに理想とのギャップを感じることになりがちです。

  • 転職後に、どのようなポジションでどのような仕事をしたいのか?
  • 条件・仕事内容・人間関係など、どの項目を優先するのか?
  • 転職後3年後・5年後にはどのように働くのか?

 
ご自身としっかり向き合い上記を明確にすることで、ビジョンや軸を持って転職をすることができます。

選考書類や面接の対策

キャリアの棚卸しや転職目的の明確化がしっかりできていたとしても、それを職務経歴書や面接でうまく面接担当者にアピールできないと転職成功は困難です。転職市場では、少ない募集枠に対して多くの候補者が殺到するケースも珍しくなく、いかに自分自身をアピールできるかという点は成否を左右します。

そもそも、採用面接の場で自分自身をうまくアピールすることさえ出来ない場合、ご自身のコミュニケーション能力や仕事に対する姿勢を疑われかねません。面接の自信がない方や、客観的な視点からの書類・面接のアドバイスを希望する方は、転職エージェントの利用もオススメです。

転職エージェントは、転職相談・書類の添削・面接対策などを無料で対応しているキャリアの専門家です。求職者の方は、キャリアに関する専門家のアドバイスをリスクを負うことなく受けられます。

さらに、一般の転職市場に出回っていない求人依頼が転職エージェントに入っている場合もあります。この場合、ご自身の希望条件に合った求人案件を案内してもらえる大きなチャンスです。いずれにせよ、転職を成功させるために、書類選考や面接対策を必ずおこなっておきましょう。

 

30代男性の転職成功の近道は転職エージェント

30代男性は、即戦力性もあり長期的に活躍しうる存在でもあるということから、転職市場では人気があります。特に、経験者やマネジメント経験者は、企業からリーダー・マネジャーとして期待されるケースもあるでしょう。

しかしながら、30代男性は経験やスキルによって転職の難易度や選択肢が大きく変わります。ご自身のスキルや経験を客観的に棚卸しするためには、ヒューレックスのようにサポート実績の豊富な転職エージェントへの相談がオススメです。

ヒューレックスでは、経験豊富なキャリアコンサルタントが、あなたのキャリアやご希望などを伺ったうえで、後悔のない選択をしていただけるよう、全力でサポートあしています。

すべてのサービスを無料で利用していただけるので、転職を希望される方はぜひ気軽にご相談ください。

サービス詳細を見る
「まだ転職するかどうか悩んでいる…」方へ。まずは無料のメールマガジン登録で、情報収集から始めてみませんか? メールアドレスだけで登録完了!あなたに合った新着求人や、転職成功ノウハウが届きます。
メルマガ登録する

この記事の監修

神谷 貴宏

愛知県出身。大手証券会社、半導体商社の営業を経て、総合人材サービス会社へ入社。 仙台支店での勤務後、大型派遣案件の企画から運用に従事。その後、会社の中核を担う“正社員”のサポートに携わりたいという思いが強くなり、ヒューレックスの設立に参画する。 17年余りにわたるコンサルタントの経験の中で3,000名を超える方々をサポート。個々人の”キャリア”だけでなく”価値観”を大切にしている。

コンサルタント詳細を見る
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

この記事に関連する求人

  • 不動産・建設系

    須賀川市(福島) 営業(未経験歓迎)・地元設備工事会社/◎未経験歓迎◎業績好調◎転勤なし◎社用車貸与◎資格受験費用負担あり

    想定年収
    300~400万円
    勤務地
    福島県

    同社営業として下記業務をお任せいたします。 【具体的には…】 ・工事の受注営業(自治体、ゼネコン、個人宅等)基本的には問い合わせをいただいてから提案をスタートする為、飛び込みはありません。 ・施工現...

  • メーカー系

    御所市(奈良) 設備保全・鋳造メーカー/◎奈良時代から継承されてきた伝統的企業◎残業少なめ

    想定年収
    300~600万円
    勤務地
    奈良県

    鋳造工場内の電気炉を含む設備関連保全 ・保全が中心となりますが、IOTの活用の起案や鋳造に関する作業にも携わり、鋳造に関する知見を深めていただきます 【具体的には…】 ・点検:機械状況を把握するメー...

  • 不動産・建設系

    小牧市(愛知) 建築施工管理・売上好調の建築会社/◎学歴不問◎社内平均年齢30歳

    想定年収
    500~700万円
    勤務地
    愛知県

    大型商業施設など、建物の建築や鉄骨工事などの工事に関わる施工管理を担当していただきます 【具体的には…】 ・顧客との打ち合わせ ・協力会社の手配 ・施工管理に関わる業務 ・各工事の進捗確認 ・その他...

  • メーカー系

    南秋田郡(秋田) 提案営業・新エネルギー関連事業/◎転勤なし◎賞与2回◎社員を大切にしている企業

    想定年収
    350~462万円
    勤務地
    秋田県

    取り扱い機器およびシステム等の企画・販売、営業全般 【具体的には…】 ・行政機関、法人、個人顧客への営業活動 ・太陽光発電システム、家庭用蓄電システムおよび省エネ機器の企画・販売...

  • 不動産・建設系

    小牧市(愛知) 土木施工管理・売上好調の建築会社/◎学歴不問◎社内平均年齢30歳

    想定年収
    500~700万円
    勤務地
    愛知県

    大型商業施設など、建物の基礎や構成型枠などの工事に関わる施工管理を担当していただきます 【具体的には…】 ・顧客との打ち合わせ ・協力会社の手配 ・施工管理に関わる業務 ・各工事の進捗確認 ・その他...

  • 不動産・建設系

    春日井市(愛知) 建築施工管理・地場に根付く建設会社/◎年収500万円以上◎学歴不問

    想定年収
    500~750万円
    勤務地
    愛知県

    民間施設などの防水工事や外壁工事などの工事に関わる施工管理を担当していただきます 【具体的には…】 ・顧客との打ち合わせ ・協力会社の手配 ・施工管理に関わる業務 ・各工事の進捗確認 ・その他、書類...

30代 コラム一覧

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)