新潟県への移住・仕事探しの秘訣を紹介|新潟県は住みやすい?転職しやすい?

新潟県への移住を検討する際、新潟県の地域特有の特徴や転職市場は気になるポイントです。
この記事では、新潟県で生活していくために必ず見ておきたい基本情報と共に、新潟県の転職市場や求人の特徴について解説します。

目次

新潟県は物価が低く支援制度も豊富な地域

中部地方に属する新潟県は、南北に長い形が特徴的なエリアです。日本最長の信濃川が走るだけでなく、誰もが知るコシヒカリの産地であることもあり、自然に囲まれて過ごすことができます。そんな新潟県の特徴について、以下の項目に分けて細かく解説します。

新潟県では人口減少による人手不足が起きている

総務省統計局の令和元年度調査によると、新潟県の人口は約222万人となっており、これは全国47都道府県の中で23番目に多い数値であることが分かります。
また、同データにおける対前年比人口増減率は-10.0ポイントと、ワースト10の中に入っています。
全国における人口増減率は-2.2ポイントが平均であることから見ると、人口減少の激しいエリアだと言えますので、合わせて「新潟県では働き手が不足している」とも捉えることができます。

新潟県は夏季と冬季で大きく気温差が見られる

新潟県は長い形状をしていますので、住むエリアによって気候が大きく異なります。年平均気温は山沿いか海岸・平野部かで最大3度変わってくる上に、年合計降水量も1500mm程度違いが見られます。もちろん東京よりも北に位置していますので、新潟県全土を年単位で見た時には気温が低めですが、地理上の関係で夏の暑さは東京とほとんど変わりません。
一方、冬には雨や雪が降りやすくなっており、夏と冬の寒暖差に注意が必要なエリアとなっています。

新潟県の物価は多くの項目で全国平均よりも低い

新潟県の物価は全国平均に対して低いです。総務省が2020年に公表した「小売物価統計調査票(構造編)/令和元年結果」では、新潟県の総合物価指数が98.7ポイントと低いことが分かります。(全国平均を100としている)
また、同調査では、「光熱・水道」「交通・通信」など、支出の分野別にも物価指数が出されていま すが、新潟県は「被服及び履物」「諸雑費」を除いた8項目全てが全国平均よりも低い数値となっている特徴が見られます。

特に「住居」においては91.6ポイントと、東京都の132.3ポイントより40.7ポイントも低くなっており、居住費が大幅に減らせることが数字からも分かります。
これらのことから、新潟県に移住することで、生活する上での支出を減らせる可能性が高いといったメリットがあります。

新潟県世帯の73%は通勤時間が30分未満

新潟県では各種鉄道路線や空港、フェリーなど一通り交通期間はあるものの、日常的に利用する電車やバスの本数は東京に比べて少ないのが実情です。
そのため、住むエリアによっては車が運転できないと不便な生活となってしまいかねません。

また、総務省の「平成25年住宅・土地統計調査」によると、「通勤時間が30分未満である」と答えた新潟県の世帯は約73%と高く、通勤ストレスを感じずに職場まで向かえている傾向が読み取れます。

新潟県には多くの支援制度が設けられている

新潟県では移住・育児・教育・ビジネスと幅広い支援制度が用意されています。
移住支援制度を活用すれば、他地域から新潟県に移住する際の住居所得費用や賃料の一部を負担してもらうことができますし、市町村郡独自でUIターン支援制度を設けている場合もあります。
また、多くの市町村では「移住体験制度」を設けており、実際に新潟県に住んだ時のリアルな体験ができますので、時間に余裕があれば移住前に利用を検討したいところです。

新潟県では他にも多くの支援制度がありますので、詳細は「新潟県公式ホームページ」を見てみてください。

新潟県の転職市場

物価の低さや支援制度が豊富であること、更に通勤ストレスも軽減できるため、新潟県に移住してみたいと考える人は多いと思います。しかし、移住するとなれば気になるのが「仕事ができるか」というポイントではないでしょうか。ここでは、新潟県の転職市場についてデータを用いつつ解説します。

新潟県の平均年収は418.7万円

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、新潟県の平均年収は418.7万円であることが分かります。
全国の平均年収は451.2万円ですので、新潟県の平均年収はやや低くなっています。また、各都道府県の平均年収順に並べると、新潟県は31番目に位置します。

注意したいのが、あくまでもこれは平均年収にしか過ぎないという点です。求人によっては新潟県でも全国平均年収を上回る年収で募集されているケースもありますし、しっかりと求人を見比べて転職をする意識を持つことが大切です。

新潟県の有効求人倍率は1.35倍と全国よりも高い

新潟労働局のデータによると、令和3年6月度の有効求人倍率は1.35倍であり、前年同月比で0.17ポイント増加しています。全国の有効求人倍率は1.13倍ですので、新潟県の有効求人倍率は全国よりも高くなっています。有効求人倍率は、1.0倍以上だと求職者数よりも求人数が多いことになりますので、総じて新潟県では転職がしやすい市況感だと言えます。

その一方、新型コロナウイルスの影響で局所的に求人数が減っていることも有り得ますので、最新の転職市場や求人の動向を知りたい場合は、新潟県の転職に強い転職エージェントに登録して、情報収集することをおすすめします。

新潟県の求人の特徴

新潟労働局の調査をまとめると、新潟県では「医療福祉」、「卸売・小売」、「建設」、「製造」の順に求人が多い傾向にあります。ここからは、新潟県の転職エージェント「ヒューレックス」に掲載されている求人情報を元に、新潟県の求人の特徴を解説していきます。

新潟県の特集求人を見る

新潟県は「機械・電気系技術職」「営業職」の求人が多い

新潟県では、「機械・電気系技術職」「営業職」「管理部門/事務系」の求人が多いといった特徴があります。新潟県は「スノーピーク」「日本精機」など、複数の代表的な大規模工場を有していることが、求人数の多さに影響していると考えられます。

一方、「Web/クリエイティブ系」「専門職(コンサルタント/金融/不動産)」の求人数は少ないので、これらの職種に転職したいという人は、転職で苦戦してしまう可能性があります。

もちろん、求人数が多い・少ないからといって転職できる・できないということではありません。しっかりと企業研究や自己分析などの転職準備を行うことで、転職成功率は上げられます。転職準備が不安という人は転職エージェントの利用も検討しましょう。

ヒューレックスが取り扱っている新潟県の求人はこちらからご覧ください。

新潟県の求人の半数は「新潟市」「長岡市」に集中している

市町村郡別に求人を見ると、新潟県で募集されている求人の半数は「新潟市」「長岡市」で募集されています。一般的に人口が多い地域に求人が集中する傾向にありますので、新潟県でも人口の多いツートップのこれらの地域に求人が集中しています。

地域によっては希望の求人が全く無いなんてこともありますので、新潟県に移住する前には必ず移住検討先の求人件数を調べておくようにしてください。

新潟県で高年収転職を狙うなら「不動産・建設系」「マスコミ・エンターテイメント系」

新潟県では、「不動産・建設系」「マスコミ・エンターテイメント系」の業種の平均年収が高い傾向にありますので、転職で高年収を実現したい場合は参考にしてください。
また、職種で見ると「専門職系(コンサルタント/金融/不動産)」「経営幹部/企画/マーケティング系」の年収が高い点も合わせてチェックしておきましょう。

もちろん、高い年収の求人はそれだけ転職難易度も高まります。
自分のキャリアを棚卸しし、選考で十分企業にアピールできるようにするためにも、転職エージェントを活用し、転職活動のサポートを受けるようにしてください。

新潟県に転職、移住するメリット

ここからは、新潟県の地域特性や転職市場から考えられる、新潟県に転職、移住するメリットについて解説します。

  1. 金銭的に豊かに暮らせるようになる
  2. 通勤の負担が減る
  3. 転職成功させやすい
  4. 職種によっては高年収転職が可能

 
それぞれについて詳しく解説します。

メリット①金銭的に豊かに暮らせるようになる

新潟県は物価が全国的にみても低いため、都心と同じ生活をしても生活費が抑えられるといったメリットがあります。特に毎月の固定費となる居住費は東京よりも遥かに低く、毎月の家計に大きな余裕が出るでしょう。そのため、仮に同じ年収のまま新潟県で転職したとしても、金銭的な余裕を生み出せる可能性が高く、相対的に豊かな暮らしを実現できます。

メリット②通勤の負担が減る

新潟県はおよそ73%の世帯で「通勤時間が30分未満」というデータがあることから、通勤ストレスを感じづらい生活をしていると言えます。また、公共交通機関の本数が少ないことを鑑みると、新潟県では車通勤も可能な職場が少なくないと考えられます。これらのことから、東京よりも通勤時のストレスを感じづらい日々が送れるようになるメリットが挙げられます。

メリット③転職成功させやすい

新潟県の令和3年6月度の有効求人倍率は1.35倍と、全国平均の1.13倍よりも高いです。また、新潟県の人口減少率は全国でもワースト10に入りますので、働き手不足が加速している地域でもあります。そのため、新潟県では比較的転職を成功させやすいメリットがあると言えます。

もちろん、職種によっては求人数が少く、転職難易度が高いケースもありますが、総じて転職しやすい市況感というのは、これから移住を検討している人にとって嬉しいポイントではないでしょうか。

メリット④職種によっては高年収転職が可能

新潟県で募集されている求人の中には、全国平均年収以上の年収下限で募集されているものがあります(ヒューレックス調べ)ので、転職活動をしっかり行えば高年収転職も十分可能です。
一方、慣れない地での転職活動に少しでも不安があると、高年収転職は難しくなってしまいますので、少しでも不安がある人は転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。

新潟県に転職する際の注意点

新潟県の転職・移住ではメリットだけではなくデメリットも存在しますので、メリットと合わせて必ず確認しておきましょう。

  1. 慣れない天候にストレスを感じてしまう
  2. 中々内定が出ない

 
それぞれ詳しく見ていきます。

注意点①慣れない天候にストレスを感じてしまう

新潟県は首都圏の北に位置しているため、冬は降雪が激しいものの、夏は首都圏とほとんど変わらない暑さがあります。その寒暖差に慣れることができず、体調を崩してしまったり、ストレスを感じてしまったりするケースが珍しくありません。

天候については実際に体感してみないと、許容できるかできないかが判断できませんので、可能であれば新潟県で実施している「移住体験制度」を活用し、移住前に新潟県の暮らしを体験しておくことで、移住のイメージを実感できるでしょう。もし時間に余裕があれば、夏と冬で移住体験をし、その寒暖差を体感してみることをおすすめします。

注意点②中々内定が出ない

新潟県では有効求人倍率こそ高いものの、都心と比べて企業数が少ないため、人気の求人に応募が集中してしまう可能性もあります。そのため、きちんと準備しておかなければ内定は獲得できません。転職で苦戦して移住を諦めてしまわないためにも、「何故その仕事に就きたいと思ったのか」「何故新潟県に移住しようと思ったのか」といった点をしっかり振り返っておく必要があります。

新潟県への移住・転職を成功させるポイント

最後に、新潟県の移住・転職を成功させるポイントについて解説します。

  • 新潟県に移住したい理由を明確に言語化しておく
  • 移住するエリアは早めにざっくりと決めておく内定をもらってから移住する
  • 転職対策をしっかり行う
  • 転職エージェントを利用する

 
これら5つのポイントについて見ていきます。

新潟県に移住したい理由を明確に言語化しておく

新潟県に移住したいと思った理由を言語化しておくことは、これからの長い移住生活で後悔しないためだけでなく、転職を成功させるという観点でも重要です。ほとんどの企業の面接では「志望動機」が聞かれますが、移住を検討している場合、更に志望動機のハードルが上がることがあります。「何故新潟県でなければならず、その中でもこの企業なのか」ということを自信を持って言えるようにしておきましょう。

移住するエリアは早めにざっくりと決めておく

新潟県では、県内のエリアによっては求人数に大きな差があります。転職活動をする前に、移住するエリアをざっくりと決めておくことで、スムーズに求人検索ができるようになります。
また、特に移住したいエリアまで決まっていない場合は、求人数の多い「新潟市」「長岡市」がおすすめですので、検討してみてください。

内定をもらってから移住する

継続的な収入を確保し、精神的に追い込まれないようにするためにも、移住は内定後に行うようにしてください。もし先に移住して転職先が中々決まらないと、貯金を切り崩して生活することになり、結果的に希望とは全く異なる企業に転職してしまうかもしれません。

転職対策をしっかり行う

新潟県の有効求人倍率が高くても、応募すれば誰でも内定がもらえるということではありません。首都圏で転職活動をする時と同じく、しっかりと転職対策を行わなければ、新潟県への移住は叶わなくなってしまいます。

転職エージェントを利用する

「現職中の転職活動は忙しくて自信が無い」という人は、転職エージェントの利用を検討しましょう。新潟県のおすすめ求人を紹介してくれるだけでなく、応募書類の添削や面接対策、内定後の退職交渉のフォローまで、転職活動において多くのメリットがあります。

また、転職エージェント経由でしか応募できない、「非公開求人」にも応募ができます。非公開求人は、公開されている求人よりも年収条件が良いなどのメリットがありますので、後悔したくない転職をしたい場合は、転職エージェントに早速登録してみてください。
新潟県の特集求人を見る

新潟県への移住・転職は後悔しないようしっかりと準備を

新潟県は物価が安いだけでなく、転職しやすい市況感であることから、移住・転職に適した地域だと言えます。
しかし、あまり検討しないで新潟県に移住や転職をしてしまうと、将来的に後悔しかねませんので、しっかりと準備をして移住を成功させましょう。

また、転職を少しでも有利に進めたい人は、新潟県の転職事情に詳しいヒューレックスの利用がおすすめです。新潟県の銀行と連携しているため、地元優良企業や好条件の求人を紹介可能です。

カウンセリングから転職先への入社まで完全無料でサービスの利用ができますので、お気軽にご相談ください。

サービス詳細を見る LINE登録する

この記事の監修

赤間 大倫

新潟エリア担当。埼玉県さいたま市出身。大学を卒業後、フリーペーパーの企画営業を経験。地域密着の地元の企業の売上アップに貢献。 その後、大手外資系の損害保険会社にて企業のリスクコンサルタントを担当。多くの企業の問題点と向き合い、その中で働き方や人材の重要性を実感。 ドクターの人材紹介会社の勤務したのち、現在のヒューレックスに入社。 現在、ヒューレックスの「地方創生」の思いに共感を得て、転職希望者と企業へそれぞれの発展に繋がる為の出逢いを提供するために従事している。

コンサルタント詳細を見る

転職のアドバイスを無料で受けてみませんか?

理想のキャリアを歩んでいただくための
転職活動を全力サポート。
キャリアカウンセリングから書類添削、
応募企業ごとの面接対策まで
プロの目線で転職に役立つ情報をお伝えします。

求人探しにお困りの方へ

地域密着型の転職支援会社だからこそ、
地元優良企業の求人が多数ございます。
他社転職サイトでは取り扱っていない
好条件求人が見つかります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブログ
  • Pocket

新潟 コラム一覧

転職のプロに
無料相談

  • 地元の企業に対応した
    面接トレーニング
  • 内定を獲得するための
    職務経歴書チェック
  • 面接官に伝わる
    履歴書の書き方

など転職支援を無料で受けれます!

会員登録してみる(無料)